武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の三枚おろし【身体感覚で「論語」を読みなおす。/安田 登】

2011年04月18日~04月22日
2011年04月25日~04月29日 AM東海ラジオ放送まとめ。

孔子が、ちがう意味に読めてしまう。

著者・安田登さんは能楽師。
もともと漢文を専門に研究していた。

この本はタイトル通り、孔子の論語を読み直そうというもの。
一体、身体感覚とはどういうことなんだろうか?

身体感覚で「論語」を読みなおす。―古代中国の文字から身体感覚で「論語」を読みなおす。―古代中国の文字から
安田 登
春秋社


武田鉄矢さんとこの本との出会いは、もともとは金八先生。
金八先生で、白川静(しらかわしずか)さんの論を取りあげ、
漢字=祈りごとなんだという切り口から孔子を理解してみると…

…つまり、文学史の観点から孔子の論語を読んでみたところ、
世間で広くされてる解釈とは、まったくちがう意味に読めてしまう。
論語を新鮮に読める、同じような考え方の本を探したら、この本に出会った。


身体感覚の話へ導入。

心は、おちんちん。
金玉ふたつ、ぶらさげた。

※武田鉄矢さん語録

心という漢字は、心臓のカタチなんだと言われている。
どこかの誰かが胸を切り開いて、心臓を生で見たんだ、と。
その生で見た心臓の形が変化して、「心」…いやいや、無理がある。

心をよく見ると、下に垂れ下がっている。
これは、おちんちんのカタチをしているんじゃないのか?
昔、人は、心は金玉の中にあると考えたのではなかろうか?

心の位置は、時代とともに上昇していく。
「腹を割って、話そう。」と、おなかのあたりに心は移動して、
「胸襟をひらいて語り合おう」と、胸のあたりに移動する。
そして現代では、脳のなかに心があるのだと解釈されている。



学びて時に之を習う、の意味。

勉強して、ときどき復習して、わあ~うれしい!
なんて、まんまの意味じゃないんだよ!と、鉄矢さん。

学ぶとは、真似ること。
習うとは、自分で羽ばたくこと。

学びて時に之を習う、この真の意味とは、
真似つづける「学び」から、個性をもって羽ばたくときの悦び。


漢字が示す、「学ぶ」と「習う」の本来の意味を感じたならば、
孔子の論語が言わんとする、深い問いかけを知ることができる。


四十にして惑わず、ではない…!?

これは、誰かが「心」を付け足したんじゃないのか?
心をとって読んでみると、全くちがう意味になる。
四十にして或せず(わくせず。)と読める。

或とは、枠のこと。
40歳になったら、枠の内側にとどまるのをやめなさい、という意味。
自分の可能性に仕切りを引かず、もっと多方面に能力を伸ばせという教え。

「心」は歴史の新しい漢字だから、論語の頃には無かったと思われる。
だから心は、後から付け足したのではないか…?


述而不作(のべてつくらず)

孔子は、自分の言葉で語らない。
周という理想国家の君子の言葉を借りて、人に伝えているだけだ。
述べて作らずとは、そういう言い方が人の心を惹きつける。

孔子が理想とした周という国家だが、周の時代に孔子は生きていない。
不思議なことに、見たことも聞いたことない論が、胸を激しく打つ。
人は、神が言うことは信じず、神の言葉を語る人の言葉を信じる。

例えば神さまがいて、文字を学んだとして…
「わたしは かみです わるいことしたら おこります。」
なんて書いたとしても、誰もその言葉を信じない。

キリスト教もそう、十二使徒が伝えた教本があるだけ。
お釈迦様も、一言も文字を書いてない。

つまり、重大なのは孔子の態度である。
孔子は、人に真実を伝える方法を、初めて理解していた心理学者。
そして、心という新しい漢字を扱った最初の心理学者ではないか?


礼 …神の存在を感じるか?

礼は、礼儀の礼。
礼が無いと、何もかもが空疎になってしまう。
礼が無いと、せっかくの良い行いが歪んでしまう。

誰が見ていなくても、妙にやってしまう行為。
例えば、電話で見えない相手におじぎしてしまったりと水谷さん。
武田さんは、誰も見てないのに、いただきますの手をあわせる。

神がそこにいるかどうか?ではない。
神がいるように振る舞えば、神がいるようになる。

震災からの復興も同じで、「如く」振る舞うこが大切だ。
復興を信じ、復興したように振る舞えば、復興するのだ。


吾十有五にして学に志す。
三十にして立つ。
四十にして惑わず。
五十にして天命を知る。
六十にして耳順(した)がう。
七十にして心の欲する所に従って矩(のり)を踰(こ)えず。



身体感覚で「論語」を読みなおす。(春秋社)/安田登


武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ「かにタク言ったもん勝ち」9:15頃~放送/平日
スポンサーサイト
[ 2011/04/29 13:54 ] 【や】安田 登 | TB(1) | CM(0)
著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。