武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の三枚おろし【アルカナシカ/田口ランディ】

2011年08月29日~09月02日 (ネタ帳をなくして2週とばし)
2011年09月19日~09月23日 AM東海ラジオ放送まとめ

じつに不思議な寄書

霊感なんか全くないという著者。
しかし、霊感の存在するしないは言わない。
世界とはそもそも「ある」のか「ない」のか・・・?

アルカナシカ  人はなぜ見えないものを見るのかアルカナシカ 人はなぜ見えないものを見るのか
田口 ランディ

角川学芸出版

世界はそもそも、あるか、なしか、で語るモノではない。
「あるかなしか」と重ねた言葉で表現できるものではないか。


つかみはばっちりという冒頭は、ある忘年会の話。

作家になる前の著者ランディが、1997年。
とある奇妙な忘年会へ招待されたことから始まる。

その忘年会のメンバーは、かつて昔の“スプーン曲げ少年”たちの忘年会。
今年の超能力についての反省も踏まえての忘年会だったという。

なんともはや、閉店後の水族館を貸し切ったりして驚き。
テレビメディアに使い捨てにされた“中年エスパーたち”の晩餐会。

朝日テレビがインチキの烙印を押したスプーン曲げだった。
1997年・・・最近、スプーン曲げで評判の奴がテレビに出てる!
そいつの名前はミスターマリック!手品師じゃん!と落ち込む一同。

青い龍がでてるよと言われたランディ、翌年、本が売れた。
そして、本当にスプーンが曲がるところを見てしまった。
奇跡のように、自分が作家になることができた・・・!

自分の運命の不思議さと向き合い始めるランディ。



シンクロニシティ。
鉄矢さん自身のシンクロニシティ体験談を語る。
誰にでもあるという不思議なシンクロニシティ体験。

不思議を否定・批判する人について考える。
ここで批評家、小林秀雄の言葉の引用。

脳は精神の機能ではない。
いわば、オーケストラの指揮者の指揮棒である。
たどるべき音の一つ一つを指し示すのが、脳の役割である。


カント。
霊能者との議論で、彼を否定できなかった。
それが純粋理性批判だったという。


田口ランディの挑戦。
超自然体験を、なんとか表現できないか・・・!?
あるかなしかの線上を歩くような表現はできないか!?

ここで本書より武田鉄矢さんが大興奮した言葉。

ユング的アプローチとレヴィ・ストロース的アプローチの統合

ユングの普遍的無意識。
レヴィ・ストロース構造主義。

ユングのように人間の無意識に接近しながらも、
レヴィ・ストロースのように野生の思考をもつ・・・??

鉄矢さんの難しい言葉がつづく。
フリーズずる水谷さん。

太古、人間の心は、ひとつしかなかった。
太古、人間の肉体は、ひとつしかなかった。
その始まりは、私たちの中にある。

宮崎駿の世界を考えてみよう。
異物・異世界が通り過ぎるストーリー、光景。
突如、巨大なカエルが登場する村上春樹。

普遍的意識に近づく言葉を持っている
子どもは遊び道具がないと、自分で回り始める。
世界を違う目で意識したいという変性意識。


ランディさんの不思議体験に関する研究。
奇跡のりんごの木村さん、何度も空飛ぶ円盤に乗ったらしい。
矢追純一さんの弟子に会ったりしている。

昭和15年生まれの老人、Sさん。
満州で捨てられた日本人、平原から港まで1000キロ歩く。
鉄道をつたい、太陽を方角しるべにひたすら歩く。

豚まん売りが後ろから付いてくる。
ダイヤモンドと引き替えに豚まん。
ダイヤモンドが無ければ、子どもと引き替えに豚まん。

母とはぐれて、奴隷にされたSさん。
逃げ出したは良いが氷点下の中、孤独に歩く。
ある日、太陽めがけて歩いていると、UFOがやってきて・・・




と、次週につづく予定。
・・・だったが、ネタ帳なくして2週はさんで後編を再開。

あるかなしか、ありました!
・・・ネタ帳が。

ふたつの太陽に追われた少年の話のつづき。
満州の荒野に現れた太陽・・・それはUFOだった。
UFOに追われながら歩いて行くと、探し続けた母親に再会した。

たきぎをお母さんと拾いながら、再び表れたUFO。
「ああ、お空のお皿さんやねえと」言いながら、
ただただ、UFOを眺める母と子ふたり。

UFOを見ても、スグに忘れてしまう人と覚えてる人がいる。
だからUFOを見た人は多いんじゃないだろうか?
忘れる人を、UFOは選んでいるんじゃないだろうか?


ユリゲラーの活躍

スプーン曲げでまだまだ活躍中。
曲げたスプーンをキャデラックにくっつけて走ったり。
予知能力を利用して、政治や軍事に助力してみたり。

日本には強固なファンクラブもあるという。
能登半島の温泉ツアーで、超能力で遊んだり。
その宴に偶然遭遇し、一緒に超能力で遊ぶ参加したランディ。
大根の芽を発芽させる超能力。タネはあります、なんて。



いきなり脱線。
ここで唐突に量子物理学、見ている側が物質を変化させる世界。
1933年、ユダヤ人学者が中性子を利用した核分裂を発想。

よくわからない西洋学問を救うのは、東洋思想と空海。
ランディが占星術と神話に日本への救いを求めている。
それは、太陽の力を借りることによって、である。

日の丸、日本。まさに太陽の国である。
決して暗い話しをしている訳ではない!

田口ランディが必死になって探る世界の真実。
わけわかんない言葉が散っている日本社会を、
ランディは全くちがう言葉でを語りたかったのでは?



アルカナシカ 人はなぜ見えないものを見るのか(角川学芸出版)/田口ランディ


武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ「かにタク言ったもん勝ち」9:15頃~放送/平日
スポンサーサイト
[ 2011/09/23 11:24 ] 【た】田口ランディ | TB(0) | CM(1)
著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。