武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の三枚おろし【五感で読む漢字/張 莉】

2012年05月14日~05月18日 AM東海ラジオ放送まとめ

面白い人が見つかったんですよ、と著者を紹介。
白川静を読んでいる中国人、いたんですねと嬉しそうに鉄矢さん。

漢字文化をやめてしまう国はもったいない。
韓国の人は漢字が読めなくなっている。
(ハングルと、あと英語。)

五感で読む漢字 (文春新書)五感で読む漢字 (文春新書)
張 莉
文藝春秋


ベトナムも漢字をやめてしまった。
本家の中国も略字が多い、しっかりしてほしい。

中国は王朝ごとに文化が断絶される。
漢字の意味もそう。
中国よりも日本のほうが、かえって古い意味を持っている。

例えば、中国語「ソウ」は「走」・・・歩くという意味で、
走るは「パオ」(足包)になってしまっている。

観光の観、観るという字。
左側(辺)は、鳥(ミミズク)が立ち上がっている。
ミミズクが背筋を伸ばして

見・・・は目に足がくっついている。
臣・・・下から見上げている。目に指を入れて潰している。
片方の目だけを潰して王様に仕える、だから大臣の臣。

神に仕える人は片目を犠牲にする。
賢・・・人が片目を潰し、貝に置くは賢い。
緊・・・賢者は張りつめている。
堅・・・賢者が立つと堅い。

片目の意「隻眼」・・・は
中国王朝、印の時代からある意味は日本にそのままある。

そういえば神社の祝詞(のりと)かしこみ~かしこみ~
日本人の持つ賢さというのは、畏怖すること。
神さまの前では頭を下げて小さくなることが賢きことである。

匂うは日本人が作った国字、漢字ではない。
匂は、仁丹の「丹」から来ている。
丹は水銀の原材料、朱砂(しゅさ)という鉱物。

古代人は水銀に多大な神秘を抱いていた。
水銀は熱を加えると液体になる、硫黄を加えると元の鉱物に戻る。

そして、色を「におうように美しい。」と表現した古代人。
例えば、朱色をハと見て「におう。」ように・・・。


看護婦の「看」
日射しがまぶしくて、まぶたに手をかざす。
手をがざしてじっくり「看ている」そういうこと。

寛大の「寛」
屋根の下に草かんむりで見る。
草をかぶって見ている人は神子さん。

家の中に強力な神子さんがいるから外から悪魔が来ても大丈夫。
安心して「くつろいでいる様子」それが寛大の「寛」。

臨界の「臨」
口が三つ、口のなかに神々への祈りが入っている。
神への祈りを見ている臣(賢者)の姿である。

監督の「監」
皿の中には水があって水鏡としてのぞき込んでいる。
未来を予測する賢者の姿である。

漢字が絵に見えてくる。
寒いの下の点々は毛布を重ねている意味。
遊ぶは、のぼりを持つ人が何人も従え、まるで観光ツアー団体客。


本書のクライマックス、著者の説。
広島県の呉、新潟の越、列島にある滅んだ中国王朝。

日本には、滅ぼされた中国王朝の人が住んでいるのではないか?
呉市民に著者が問う、なぜ「ご」と読まないのですか?
呉の人は言う「私たちは、夕日の沈む暮れる方角がやってきた。」

倭人は、中国に住んでいたのではないか?
中国で神事をするときに使う香草は、
インドシナ半島の付け根あたりに生息する・・・

・・・あくまで著者の一説にすぎないが、興味深い説で締め。



五感で読む漢字 (文春新書/張 莉


武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ
「かにタク言ったもん勝ち」
9:15頃~放送/平日
スポンサーサイト
[ 2012/05/18 17:28 ] 【ち】張 莉 | TB(0) | CM(0)
著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。