武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の三枚おろし【失敗の本質/野中 郁次郎】

2012年11月26日~11月30日
2012年12月03日~12月07日 AM東海ラジオ放送まとめ

大日本帝国がなぜ敗戦したかを徹底的に問う。
壮大なテーマですね・・・と水谷さん。

失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇
野中 郁次郎
ダイヤモンド社


反戦・平和は横に置いといて。

組織論として読んでほしい。
なかなかの名著である。


まず、日本は負けることにも失敗した。
戦争には負け方がある。戦争を、最後の外交とみてみる。

25ある島のうち、米軍に取られた島は8つ。
日本が守っていた島は戦略的に価値が低かった。

ノモンハン事件。まだ歴史は乾いてない。
ロシアにとって、日本に勝った証拠は北方領土しかない。

状況は日中戦争。はじまりは小さな島の国境紛争だった。
司令部は「一度勝ったことあるロシアだ」程度の認識。
しかし現場との温度差は大きかった。

ヒトラーを恐れたスターリンは独ソ不可侵条約を締結。
ポーランドへ攻めた途端、日本へ攻め入る。

偵察団が全滅し、戦火は拡大する。
エスカレートする軍隊は制御不能になった。
物量で圧倒的に負けていた日本軍は勝負にならなかった。

鉄矢さん演じる「麺類のコマーシャル」の社長は、
ノモンハンの生き残りだった…と少し脱線あり。


内閣は総辞職し、政治は機能しない。
ノモンハンに取り残され、包囲された第23師団。

7割の死傷率、ほとんどが救出されず。
国際的には、戦力が3割が死傷すれば負けを認めていい決まり。

戦死者7696名
戦傷8647名
行方不明1021名
合計17364名


これほどの敗北でありながら、大本営は関東軍を叱らなかった。
学校の成績が優秀な人ほど、馬鹿な判断をする。
貧乏なお侍さんの子ほど、戦場で才能を発揮したという。

戦争にだけ才能のある人っている。
高杉晋作、普段は困った人でも戦時には大活躍。

お勉強はできるけど、生きる力のない人。
そんな人には戦争をやらせないほうがいい。

関東軍の暴走は、二つの役割を持たせてしまったことにある。
国境線を守るための守備隊が、満州の行政もしてしまう。
次第に自分たちの王国だと慢心してしまう。

一つの組織に二つの役割を持たせては行けない。

原発もそう「やっぱり危ないですよ」と言える知恵はなかった。
原発の安全と、地方の福祉を一緒にしてはいけなかった。
現地の人は「やってもらってるから多少のことは・・・」になる。

首相と原発所長を直接会話させること自体が間違いだった。
なんでも直せく対話させればいいというものではない。


無能な作戦参謀の命令で友人を失った生き残りがいる。
普段は黙っていても、根が深い怨恨は今も残る。

しかしここで新事実があった。
ロシアの死傷者も18000人ほどいたという。

白兵戦は相打ちで死んでいった勇猛果敢な兵士。
日中戦争では、撃墜された零戦はなかった。

屈強な兵士に、最強の空中戦。
これで日本は負けた。

○○が得意だから日本は良いんだ!と思った瞬間、負ける。
韓国に負けた白もの家電なんかもそう。

そんな「失敗の本質」をノモンハンとは別のネタで、三枚におろします・・・と締め。



失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇(ダイヤモンド社)/野中郁次郎


武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ
「かにタク言ったもん勝ち」9:15頃~放送/平日
スポンサーサイト
[ 2012/11/28 09:53 ] 【の】野中郁次郎 | TB(1) | CM(0)
著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。