武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の三枚おろし【愛と憎しみの豚/中村安希】

2013年04月22日~2013年04月26日
2013年04月29日~2013年05月03日 AM東海ラジオ放送まとめ

タイトルに惹きつけられた。
「なかなかの書き手ですよ。」と鉄矢さんの紹介から。

ひたすら世界中の豚料理をルポルタージュ。

行間から豚料理の匂いが香り立つような著作。
著者は京都生まれ三重育ち。
カリフォルニアの女子寮でポークカレーに打ちのめされた。

愛と憎しみの豚愛と憎しみの豚
中村 安希
集英社


奇をてらう猫だましルポではない。
旅してるうちに世界に吸い寄せられたのか、その逆か…。
政治・宗教・歴史の変遷が、豚肉にからんでいる。

豚を激しく嫌う国、北アフリカのチュ二ジア、イスラム圏。
なぜコーランには豚肉を禁止しているのかと訊いた著者。
ムハンマドの周囲には、豚肉を食べて死んだ者が大勢いたのではないか。

数時間で痛んでしまう豚肉、そのくせ豚は不潔でも平気である。
コーランに限らずだが、絶えず清潔に保とうとする教えがある。

豚の内臓の構造は人間にそっくりである。
神によって豚の姿に変えられたのではないか…
(宗教家たちが直感したのではないか)

腹を割ってしまえば、豚か人か分からなくなる

このあたりから吸い込まれたという鉄矢さん。
心臓の手術をしたときのエピソード。

心臓の人工弁をセラミックにするか豚にするかの話があった。
豚の臓器はもっと移植に使えるらしいが、抵抗は多い。

イスラムの中にも、豚を食べる人たちは現実にいる。
宗教上は絶対にダメだが、建前だったりする。

チュ二ジアはフランスの植民地だった。
フランス人に紛れて食べたりする。

著者は豚を求めて世界中を行く。
・・・などの膨大な旅記は割愛。
ルーマニアでは屠殺も体験する。

鉄矢さんの脱線。
NHKで見た女性ハンターが鹿を殺す。

自然に手をつけた人間の責務とは何か。
生かすも殺すも両方やるのが慈しみではないだろうか。


鳥獣被害、北海道のシカを駆除し鹿肉にする女性たちがいる。
脱線しながら著者のルーマニアでの豚の解体に立ち合う話。

たちまちのうちに、豚から豚肉になる。
あるものを「食物」に変えていく。

絞めるタイミングについて。
ウサギは性交の直後がいい(肉がやわらかい)
羊や鹿は人間でいう思春期(分泌物か?)

豚は、性交のあとがいい。
射精後の放心状態が1時間続く。
豚は幸せな性生活を得ている。

脱線、豚の精液は700cc、対して人間は10cc。
あのバンド名「10cc」はそこからきている。
軽いショックを受ける水谷さん。
どんだけ良い曲でも俺たちは10ccさ、と鉄矢さん。

豚と人間の遭遇は森の中。
イノシシが人間から餌をもらい始めた。
東ヨーロッパでは豚を森で飼うらいい。


タフさとオープンマインドを持つ著者、
文体が好きだという鉄矢さん。



愛と憎しみの豚(集英社)/中村安希
スポンサーサイト
[ 2013/04/25 09:27 ] 【な】中村安希 | TB(1) | CM(0)
著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。