武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の三枚おろし【村上春樹の著作全般・人物・名言・など】

2011年02月28日~03月04日
2011年03月07日~03月11日
2011年03月14日~03月18日 AM東海ラジオ放送まとめ。

村上春樹がテーマ!!

武田鉄矢さんが、苦手だと言い続けてきた村上春樹に挑戦、遂に!!という感じ。
著作タイトルは特に限定せず、今回は“村上春樹その人とその著作”を三枚おろし。
特に著作は限定しないけど、タイトルは多く紹介されている。

神の子どもたちはみな踊る  東京奇譚集

※左から順に
神の子どもたちはみな踊る(新潮社)/村上春樹
東京奇譚集(新潮社)/村上春樹


北朝鮮以外では、全てのアジア圏で訳され、ノーベル賞に最も近い文学者、村上春樹。
同い年である武田鉄矢さんは、何度も読む挑戦をしたけど、途中で挫折してしまうと言う。

つまづきのはじめは、ノルウェーの森。
※武田鉄也さん語録

…なんて言いながらも、

村上さんの、気になる言葉を書いてるんです。
※武田鉄也さん語録

と、いつもの調子で“村上春樹”を三枚におろす。
『神の子どもたちはみな踊る』は『東京奇譚集』は惹きつけられたけど理解に苦しんだ。
なぜ、村上春樹の本は分かんないのか?その理由を追及していく中に

なんだかんだ言いながら、
オレも村上春樹のマネしてます

※武田鉄也さん語録


例えばジム通い。村上春樹は毎日マラソンばりに走っているらしい。
一日10㎞を一週間、1度も休まないという村上春樹という人。

作家というのは、危険な状態に陥ることがある。空想で、魔に接近することがある。
しかし、体力さえあれば空想した魔から逃れることができると言う。



村上春樹インタビュー集からの抜粋。
自己表現なんて、
簡単にできやしないですよ。


夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです
村上 春樹
文藝春秋

世界中に揺さぶりをかけているような、村上春樹さんの言葉。
村上春樹に言わせれば、社会は自己表現しろと押しつけている。
一貫した自己なんてない、これは衝撃的な言葉なんじゃないかと武田鉄矢さん。

物語の中に自我を流し込んでしまう、村上春樹の独自性を見ることができる。
何かを訴えたくてペンをとるのではなく、ペンとった気分のままで物語を書く。

物語に自我を沈めると言うならば、
オレにだって、沈めるべき自我はある。

※武田鉄也さん語録

他にも、もろもろ紹介。
・オウム真理教の信者へのインタビューの言葉は、記憶に残らない不思議。
・メディアの言葉は、浅くて表層的ゆえに危険だという指摘。
・閉じた世界=原理主義やカルトなどの脅威。武力は通じない。
などなど。

『かえるくん、東京を救う。』のエピソード紹介。
この世界、知らないところで誰かがアナタを守っているんですよ。
というメッセージを読みとった武田さん。

1週目最後に。
“墓に刻む言葉は、もう考えてあるんですよ。『少なくとも、最後まで歩かなかった』”
インタビュー集のなかから洒落た言葉を紹介。

これに対して、
『少なくとも…歌うよりしゃべりは長かった。』
※武田鉄也さん語録

と笑いを取って2週目につづく。


…………………………………………


2週目。
同じく村上春樹がテーマだけど、内田樹の村上春樹論を中心に話すのがコンセプト。
内田樹の視点から、村上春樹を論じてみたりする。

村上春樹にご用心  もういちど 村上春樹にご用心

※左から順に
村上春樹にご用心(アルテスパブリッシング )/内田樹
もういちど 村上春樹にご用心(アルテスパブリッシング )/内田樹



…………………………………………


3週目。
なんだかんだ言って、村上春樹の影響を受けている武田鉄也さん。
マメに運動してみたり、走ってみたり、そして短編を書いてみたり。

村上春樹って、自分も書けそうな気にさせる。
※武田鉄也さん語録。


たとえば、司馬遼太郎は、意図して外国人には理解できないように書いている。
そんなふうに考察している武田鉄也さんが村上春樹の最大の謎。

世界を惹きつける村上春樹、なぜ世界中に着々とファンを広げるのか?
不思議と、書ける気になる村上文学を考えてみる。

司馬遼太郎にはなくて、村上文学にある本質。
それは、日常そのものが、宇宙まで広がるようなドラマであるという可能性。

ふだんの礼儀正しさ、コツコツとマメに働くこと、家事。
きちんと、真面目にやりましょうという礼儀正しさ。

その礼儀正しさを内在している村上文学に、邪悪に立ち向かう力がある。
意味のない不幸に立ち向かうのは、日常にある小さな善の積み重ねだと言う。


神戸の震災や、オウムの事件など…
日本人の心に、大きな欠落をもたらした邪悪と戦っているのではないか?
その戦う文学が、多くの若者を惹きつけているのではないだろうか?



武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ「かにタク言ったもん勝ち」9:15頃~放送/平日
スポンサーサイト
[ 2011/03/11 20:00 ] 【む】村上春樹 | TB(0) | CM(0)
著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。