武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の三枚おろし【断らない人は、なぜか仕事がうまくい/田中和彦】

2011年05月23日~05月27日 AM東海ラジオ放送まとめ。


導入。
断りたかった仕事があった…が、この本のタイトルに
リクルート出身の著者。字が大きくて短い言葉の名言集。


・向いている仕事は実は他人が知っている。
・断らないという姿勢が、人生を劇的に変えていく。

「確かに…断りたかったけど断らなかった仕事が自分を変えた。」
と、体験談まじりで語る、なんとも興味深い三枚おろし。

断らない人は、なぜか仕事がうまくいく断らない人は、なぜか仕事がうまくいく
田中和彦
徳間書店

101回目のプロポーズも断りたかった。
※武田鉄矢さん語録

僕は死にましぇん!と叫んだり、ましてやトラックに飛び込むなんて…。
本当にやりたくなかった…なのに大ヒットしてしまったドラマの不思議。


本書より武田さんがどんどん抜粋していく。

・仕事を断る理由は【できそうじゃない、自信がない、向いてない】
・仕事は場数で面白くなる。
・自分のことをいちばん知っているのは自分じゃない、他人だ。


どんどん抜粋

・自分を大切にするために流されない人がいる。
・流されない限り、新しい場所には行けない。


岡本太郎曰く
挑戦し、失敗した者には再挑戦の輝きがある。
挑戦を避けたやつに新しい人生はない!


母の死にフランスから電報した岡本太郎。
「日本に帰らず、我が母は我が胸にあり」

岡本太郎の美術品を家中に置いてあるという武田さん宅。
奥さんが熱心に収集しているらしい。



キャリアドリフト。
今の日本人に必要な言葉なんじゃないだろうか。
いつの間にか、断らないうちに、こんなところまで来てしまった。

本書より抜粋
・仕事の報酬はお金ではない、仕事なのだ。

少し脱線。
金八最終回でタンク屋の社長のモデルとなった新潟の安田会長の話。
石油・ガスのタンクを作り、少年院出の少年を積極採用。

安田は、必ず朝一番に少年院へ迎えに行く。
そしてカツ丼を食べさせる。一気にたいらげたら採用。
カツ丼食べて泣いたら、絶対カタギになれると言う。

食が細くないか、食欲のあるなしは薬物検査にもなる。
そして食に直結する人間の態度は、人間の本質に迫る。



本に戻って
・若いうちは使われてナンボ。
・誰もが敬遠する仕事は、基礎点が高い。

わらしべ長者は交換するものを選ばない。
損得を考えずに歩い「イエス」と言おう。

・急な誘いが人生に起伏をつける。
・急な誘いを断るな。


どんどん名言集。
・仕事は順番にやってこない。左右同時にやってくる。
・断れる立場にあるなら、意志をもって断らないこと。
・大変そうだからこそ断らない。
・逃げない力
・筋肉は、スピードを増すために必要なんじゃない。
・ブレーキをかけるために鍛えるのだ。

来月の告知。
6月に入ったら、3.11震災の話題を深く話してみようと。
今だからこそ考えていこうと思っている。




断らない人は、なぜか仕事がうまくいく(徳間書店)/田中和彦


武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ「かにタク言ったもん勝ち」9:15頃~放送/平日
スポンサーサイト
[ 2011/05/27 18:57 ] 【た】田中和彦 | TB(0) | CM(0)

■2011上半期■放送本の一覧 -武田鉄矢「今朝の三枚おろし」

2011年上半期・まな板の上

01月03日~01月07日 ※リスナーからのお手紙と、音楽 >>トピック記事へ
01月10日~01月14日 移行期的混乱(筑摩書房)/平川克美
01月17日~01月21日 移行期的混乱(筑摩書房)/平川克美
01月24日~01月28日 フロー体験 喜びの現象学(世界思想社)/チクセントミハイ
01月31日~02月04日 フロー体験 喜びの現象学(世界思想社)/チクセントミハイ
02月07日~02月11日 安売りしない会社はどこで努力をしているか?/村尾隆介
02月14日~02月15日 安売りしない会社はどこで努力をしているか?(大和書房)
02月16日~02月18日 眠りにつく太陽――地球は寒冷化する(祥伝社)/桜井邦朋
02月21日~02月25日 眠りにつく太陽――地球は寒冷化する(祥伝社)/桜井邦朋

移行期的混乱―経済成長神話の終わり フロー体験 喜びの現象学 (SEKAISHISO SEMINAR) 安売りしない会社はどこで努力をしているか? 眠りにつく太陽――地球は寒冷化する(祥伝社新書215)



02月28日~03月04日 村上春樹の著作全般・人物・名言・など。 >>トピック記事へ
03月07日~03月11日 村上春樹の著作全般・人物・名言・など。 >>トピック記事へ
03月14日~03月18日 内田樹の村上春樹論を中心に。 >>トピック記事へ
(※下画像は、内田樹の『もういちど 村上春樹にご用心(アルテスパブリッシング) 』)

03月21日~03月25日 縄文のメドゥーサ―(ミネルヴァ書房)/田中基
03月28日~04月01日 縄文のメドゥーサ―(ミネルヴァ書房)/田中基
04月04日~04月08日 「昭和からの歌」作詞家・星野哲郎※書籍なし>>トピック記事へ
04月11日~04月15日 ひきつづき星野哲郎“うたの旅”>>トピック記事へ
(※下画像は、星野哲郎著作『妻への詫び状(小学館)』)


神の子どもたちはみな踊る もういちど 村上春樹にご用心 縄文のメドゥーサ―土器図像と神話文脈 妻への詫び状―作詞家生活50周年記念企画



04月18日~04月22日 身体感覚で「論語」を読みなおす。(春秋社)/安田登
04月25日~04月29日 身体感覚で「論語」を読みなおす。(春秋社)/安田登
05月02日~05月06日 ※リスナーからのお手紙【震災関連など】 >>トピック記事へ
05月09日~05月15日 錯覚の科学(文藝春秋)
05月16日~05月20日 錯覚の科学/クリストファー・チャブリス ダニエル・シモンズ
05月23日~05月27日 断らない人は、なぜか仕事がうまくいく(徳間書店)/田中和彦
05月30日~06月03日 希望とは自分が変わること(新潮社)/養老孟司
06月06日~06月10日 希望とは自分が変わること(新潮社)/養老孟司

身体感覚で「論語」を読みなおす。―古代中国の文字から 錯覚の科学 断らない人は、なぜか仕事がうまくいく 養老孟司の大言論〈1〉希望とは自分が変わること (養老孟司の大言論 1)



06月13日~06月17日 After the Quake-東北大震災の話>>トピック記事へ
06月20日~06月24日 After the Quake-東北大震災の話>>トピック記事へ
06月27日~07月01日 「声」の秘密(草思社)/アン カープ

「声」の秘密


>>2011年下半期の放送本一覧

>>2010年下半期の放送本一覧



武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ「かにタク言ったもん勝ち」9:15頃~放送/平日

[ 2011/05/23 18:57 ] 放送内容の一覧 | TB(0) | CM(0)

今朝の三枚おろし【錯覚の科学/クリストファー・チャブリス ダニエル・シモンズ】

2011年05月09日~05月13日
2011年05月16日~05月20日 AM東海ラジオ放送まとめ。

震災関連について「得意なことをやる」と武田さんが選んだテーマ「錯覚」。
震災や原発に関するニュース報道のあり方・デマについて三枚おろし。

「私は、ニュースに関して即座にコメントする能力がないんです。」
「不得意なことを得意げにやると、ご迷惑をおかけする。」
と言って、いつも通り【理屈っぽく】ラジオやってくれる武田さん!

錯覚の科学錯覚の科学
クリストファー・チャブリス ダニエル・シモンズ 成毛 真
文藝春秋

イントロダクション。
震災のニュース報道で、ある女子アナウンサーが学者に聞く。
「同じ規模の地震が、東京にもやってくるんですよね?」
「そうです。」としか答えようのない学者。

間違った問いが、人々を混乱させている。錯覚させている。
※武田鉄矢さん語録

バカの壁の養老孟さんも言っていた脳の錯覚。
つまり、脳という臓器は思ったほど役に立たないという真理。



犯人と間違えられて暴行を受けたアメリカの警察官。
「そんな警官はいなかった」と証言する別の警官の話。
ありえない錯覚が、人間の脳では時々起こるという。

さて、クリストファー・チャブリス ダニエル・シモンズの有名な実験。
バスケットの試合にゴリラの着ぐるみが乱入するのに気がつかない。

…武田さんにも同じような経験があった。
荒川の土手で男性の首つり死体があったのに気がつかず、ロケをし続けた。
パトカーが来て男性の遺体がやっと見えた…という体験エピソード。

目の前にあるものが「こんなところにあるはずない」と脳が判断する。
黒船が見えなかった当時の村人や、えひめ丸が見えなかった潜水艦の艦長。
銃弾を浴びたと勘違いしたヒラリー・クリントンさんの演説。



知識の錯覚。
知識を持っている人は、知識あるがゆえの錯覚をする。
サブプライムローンも同じ。家を建ててすぐ売れば儲かる。

売れなかったらどうするの?ってシンプルな疑問を隠してしまう錯覚。
誰も買わないとう状況を想定できなかった、専門家たちの誤り。

こんな馬鹿げたことで、あの金融パニックは起きたんですよ。
※武田鉄矢さん語録

原子力の専門家たちはどうだったろうか?
私たちが頼っていた原発の専門家たちは、結局何も分からなかった。


▼▼
2週目。

知識を持っている人は、必ず知識の呪いを受ける。
※武田鉄矢さん語録。

それは、自分でものごとを考える回路を遮断する。
専門家の言ったことを信じ切り、自分の考えたことだと錯覚する。

専門用語に寄ってしまう。
グラフや図を見て納得した気になる。

では、自分というものをどうやって見つければいいのか?
他人の顔を見て、自分の程度をだいたい察する、という方法がある。
第三者の判断に自分を委ねて、錯覚から抜け出す。

天気予報は信用していい。スグに検証できるから。
それ以外の知識人の言葉は、たいてい嘘だと思って大丈夫。
分かったような気になることがいかに危険なことか…!


相関関係は、因果関係ではない。

デマというのは、どうやって作られていくのか?
下記3つは全てデマである。


・セックスで若返る。
・9.11はブッシュの陰謀
・野菜を食べている人は健康


水谷さん「野菜は健康って本当じゃないですか?」まったくのデマだと鉄矢さん。
長生きする健康な人は経済的に豊かで、必然的に野菜を食べる機会に恵まる。
セックスもブッシュも、つまるところ検証することはできない。


デマのパターン
たとえば事実を羅列するだけで、デマが作られてしまう。

事実1

事実2

結果

この場合、誰もが事実2を結果の原因だと勘違いする。
ほかにもあるデマのパターンの数々。


「あの女優さん良いねえ!」
「週刊誌で、ウラじゃとんでもない女だって書いてあったぞ。」


「これは美味しい!」
「(小声で)馬鹿言え、中身知ってるか?」

人間とは、1000の公平な意見よりも、たった一つの異様な意見に振り回されてしまう。
※武田鉄矢さん語録


覆面インタビューで原発1日40万円に反発した男をテレビに出す。
これも典型的なデマのパターン…怒りにふるえた鉄矢さん。

モーツアルトの音楽が知能に与える影響をどうやって測定するのか?
使ってる脳の力は10%…って、潜在能力は測れるのか?
サブリミナル効果が発生する潜在意識は、誰か見たことあるのか?



錯覚の科学(文藝春秋)/クリストファー・チャブリス ダニエル・シモンズ


武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ「かにタク言ったもん勝ち」9:15頃~放送/平日

リスナーからのお手紙 -今朝の三枚おろし2011上四半期

2011年05月02日~05月06日
(AM東海ラジオ放送まとめ)

リスナーからのお手紙(震災関連のお手紙など)が中心。
「揺れ・津波・原発に対してコメントが欲しかった」などの
震災中の番組内容への批判の手紙が多かったという。

3.11当時
福島と茨城の県境にいたという鉄矢さん。
コンサートは2つ中止になったらしい。

震度6強を体験し、夜には余震に恐怖した。
何もできない無力感・脱力感に襲われ、毎晩泣いていた。
1週間くらい泣きながらも、詩を書いたりしてたらしい。


金子みすゞ―総特集 (KAWADE夢ムック)

過去に三枚おろしで取りあげた金子みすゞさん「こだまでしょうか」
フロー体験や、村上春樹のかえるくんなど番組内容と震災のつながり。


縄文のメドゥーサ。日の恐ろしさを学んだというお手紙。
人間が産んだ4番目の炎と言われる原子力、目に見えない炎。
泣いてる神の遺跡が見つかったのは、相馬市だった。

などなど、三枚おろしと震災・ラジオの役割など
反省と励まし・被災地以外のリスナーへのメッセージ。



武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ「かにタク言ったもん勝ち」9:15頃~放送/平日


著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。