武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の三枚おろし※2冊同時【放射能と理性 なぜ「100ミリシーベルト」なのか/ウェード・アリソン】【放射能に負けない体の作り方/土井里紗】

2011年11月21日~11月25日
2011年11月28日~11月30日 AM東海ラジオ放送まとめ

まずは1冊目。
著者、オックスフォード名誉教授。
(後に2冊目。日本医師の著作を紹介予定。)

鉄矢さんが最も印象深かったという一文。

我々が本から影響を受けるのは、我々の側に受け入れる準備ができていて、さらに我々が進んで行けるのと同じ道をその本が少しだけ先に進んでいるとき。その時だけである。

放射能と理性 なぜ「100ミリシーベルト」なのか放射能と理性 なぜ「100ミリシーベルト」なのか
ウェード・アリソン 峯村利哉
徳間書店


放射能の恐怖を考えるとき、理性が必要だという著者。
月100ミリシーベルトの被曝が危険がどうかを論じている。
日本は年間1ミリシーベルトが安全基準。

信じられない100ミリシーベルトの安全圏内論。
火を使うサル=人類。中性子を使った火のおこし方を発明。

本質は全て太陽。
炭化した樹木を元に炎を作ったように、太陽をマネすること。
放射線は波の力で分子を動かす。熱ではない、波である。

放射線とは、移動中のエネルギーである。
環境には耐えず放射線があふれている。
ラドン、宇宙からの放射線、病院の中もしかり。

放射線が人体の細胞へのリスクはシーベルトで表す。
(イギリスでは年間2.7ミリシーベルト。)

仮定。放射線を浴びないことを健康と定義する。
太陽光を浴びていけない、ラドン温泉もだめ。
歯医者もだめ、病院で治療を受けてはいけない。

放射線ゼロがリスクゼロであることは有り得ないという原則。
まずはこれを覚えておいてください、と鉄矢さん。


ここで本を乗り換える。

1980年、岡山に産まれ内科クリニックの先生。
子供については、1ミリシーベルト以下こそがゼロリスク。

内科医が教える 放射能に負けない体の作り方 (光文社新書)内科医が教える 放射能に負けない体の作り方 (光文社新書)
土井里紗
光文社


一冊目ウェード・アリソンと2冊目の土井里紗医師には共通点がある。
数週間以内に250ミリシーベルトを浴びたら白血球が減少。
100ミリシーベルトでは妊娠に影響が必須になる。
これが放射線の確定的影響、原発職員の常識。

暫定基準値への不審。
アメリカ系、イギリス系それぞれの団体で基準値がちがう。
あまりにもかけはなれた数値基準が事実としてある。

一冊目はアメリカ系・・・?
2冊目の土井里沙先生はイギリスICRPの数値を採用。

しかし2人の共通意見としてチェルノブイリは良き前例にならない。
もともと子供の甲状腺ガンがもともと高かった地域である。

事故後のチェルノブイリには野鳥が巣を作って繁栄している。
全く理由がわからない野鳥の繁栄がある。

避難住民のガン死亡の原因がストレスなのかどうか、
これも全く判断ができないチェルノブイリ。

あまりにも違う二人の著者の放射線知識。
なぜこんなにも違うのか?それは人間の見方・捉え方が違う。


2冊目の里沙先生は言う。
放射線による汚染がなくても、今や2~3人に一人はガンで死ぬ時代です。

ストレス、農薬、電磁波、アルコールなどなど・・・
数あるがんのリスクに放射能が加わっただけ。慌てることはない!

びっくりするぜ!と予告して、
放射能に負けない身体の作り方は次週につづく。




2週目。
放射能に負けない身体の作り方。
紫外線を避ける。パソコン・携帯をなるべく使用しない。
タバコをやめておく。(タバコは身体にホットスポットを作る。)

ワカメ・味噌・玄米を摂取。(広島長崎の実例がある。)
流行のアンチエイジングが、放射能に負けない身体を作る方法と大体同じ。


ここでアリソン教授に戻る。
数字だけで見る放射能事故の一覧表。
(明らかに事故が原因での死亡数)

1979年3月スリーマイル 0人
1986年4月チェルノブイリ 50人+α
2009年2月オーストラリア山火事 209人
2001年9月アメリカ同時多発テロ 2996人
1945年2月ドレスデン 3万5000人
広島・長崎は10万人+α・・・

賛成・反対のイデオロギーが理性を超えて差別を作る社会。
今必要なのは核を学ぶことである。と著者は言う。

全くかけ離れた2人の著者の主張の違いこそが、原子力の恐ろしさ。
とことん語り尽くしたとこのテーマは終わる・・・が、
次はアインシュタインまでさかのぼろう!!



1冊目
放射能と理性 なぜ「100ミリシーベルト」なのか(徳間書店)/ウェード・アリソン


2冊目
放射能に負けない体の作り方 (光文社新書)/土井里紗


武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ「かにタク言ったもん勝ち」9:15頃~放送/平日
スポンサーサイト

今朝の三枚おろし【ソマチット―地球を再生する不死の生命体/福村一郎】

2011年11月11日 金曜からスタート
2011年11月14日~11月18日(予定) AM東海ラジオ放送まとめ

不思議な話をしましょうか

2011はじめ、NASAが地球外生命体を発表すると言い騒然。
もしや宇宙人がカメラの前に現れるのではないか・・・!?
しかしがっかり、地球上のバクテリアに関する研究の発表。

どうやら地球には、我々とは別のシステムで生きるものがある。
そのバクテリア生命体は、地球外から来たとしか思えない。
驚くべきことは、人体の中、血液にも存在していること。

ソマチット―地球を再生する不死の生命体ソマチット―地球を再生する不死の生命体
福村 一郎
ビオマガジン


人体の中で良いことをするソマチット。

38億年前、カプセルになって地球にやってきたソマチット。
求めたのは水素炭素窒素・・・難しい話しはさておいて、

生存の秘密はメビウス曲線。
水のもつメビウス運動、ぐるぐる回る止まらない動きで生きる。
止まるとカプセルに入って眠ってしまう。

人体で良いことをさせるための条件、それもメビウス曲線。
ほ乳類の身体は壮大なるラボ、実験室である。


鶏はなぜカルシウム不足にならないのか?
卵の殻はカルシウムの塊なのに、毎日産んでも骨粗鬆症にならない。
エサに含まれるカリウムを水素と結合させてカルシウムを作っている。

人の体温も同じ、ヒトは体内で化学反応を起こして発熱する。
細胞内での化学反応にソマチットが関わっている可能性がある。
地球外生命体が、地球の生命を支えているのではないか?

話しを遡る。
生命の起源はミトコンドリアのもっと前、シアノバクテリア。
その誕生にソマチットが関わっているのではないか?

フランス学者が発見したソマチットは、ピレネー山脈、ルルドの泉。
ヒマラヤはチベット、フンザの泉。富士山と日本アルプス。

ソマチットは活火山に多く、ついで名水の湖が多い。
雪解け水が斜面はメビウス運動をしてソマチットが大量に目を覚ます。

空海は超能力を得るために4つの条件を残した。
瞑想して、山中に住む、植物中心の食生活、滝に打たれる。
つまりマイナスイオン化した水を大量摂取して活力を得る。

地球を2リットルペットボトルに例えると、
人間が飲める水はキャップ一杯だとされる。


そんなに大事だったら、なんで騒がれてないの?と水谷さん。
・・・時代がそっちに向かっているんじゃいの、と鉄矢さん。
自然の泉から汲んだ水を生で飲める日本は、貴重な資源国だ。

木が三本並んでいたら人間がいた証拠。

蛇行する自然の景観の大切さ。
自然は木を並べたりしない。並べるのは人間の仕業である。

山岳の渓谷から沸いてでた水の蛇行がメビウス運動を起こす。
そこに大量のソマチットが活動して名水を産む。

曲線の美意識、日本にはある。
自然をありのままに尊重する日本文化はソマチットの宝庫。


人間の内臓は全て曲線、心臓も見事なメビウス曲線。
心臓はまさしくソマチットの住処だと言って良いのでは?
人体は山野や河川をもとにデザインされたようだ。

渦をまく生命。
貝殻、動物の角も曲線で渦をまく。年輪、DNA.指紋。
さらには銀河まで、朝顔のツルまで。

生命を励ますものは渦を巻く。

つむじもそう、茅の輪くぐりもそう!
古来の厄祓いの儀式にメビウス運動があったなんて!
血が騒ぐとき、それはソマチットの動きかもしれない。

東洋で「気」と呼ばれるものの正体も実は・・・
ソマチットが関わる範囲は数知れず興味深い。



ソマチット―地球を再生する不死の生命体(ビオマガジン)/福村 一郎


武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ「かにタク言ったもん勝ち」9:15頃~放送/平日
[ 2011/11/19 11:31 ] 【ふ】福村一郎 | TB(0) | CM(0)

今朝の三枚おろし【原発報道とメディア/武田徹】

2011年10月31日~11月04日
2011年11月07日~11月10日 AM東海ラジオ放送まとめ


著者紹介。1958年生まれ。
文章を読んでもよく分かるのですが・・・と鉄矢さん。
非常に足腰のしっかりしたジャーナリスト、武田徹。

著者は、もっとも冷静な意見をもつ人のひとり。
福島原発も震災前に取材していた。
原子炉の真上に立って記念写真撮ったりしている。

原発報道とメディア (講談社現代新書)原発報道とメディア (講談社現代新書)
武田 徹
講談社


核エネルギーへの憎悪が一気に高まっている。
推進派と反対派が深く対立しながら、メディアは騒ぐ。


原発の三原則。
「止める、冷やす、閉じ込める」
3.11で「止める」は成功。冷やすと閉じ込めることができなかった。

危険・不安をミリシーベルトとう単位で報道する。
しかしメディアは本当に正しく不安を伝えているのか!?

徹底的に検証のメスを入れる著者。
ドイツの社会学者のニクラスルーマンの言葉を借りて、
著者は自分の論じる立場を定義する。

危険の対に置く言葉は「リスク」

危険の反対語に「安全」とは言わない、リスクである。
では、リスクを何と訳すか?「人災」と訳す。

どうしようもない天災によって引き起こされた、人災。
その人災にメディアが加担しているのではないか・・・!?

重いテーマなんではありますが・・・
今だからこそ、なおさら、今年中に!
と、強い決意の言葉で始まる。


福島原発を導入すれば、仙台のように栄える。
かつて原発は未来の発電、夢があった。
アトムは小型原発で動く。妹はウラン、弟のコバルト。

忘れていけない田中角栄の存在。
田中角栄はエネルギー問題で徹底的な推進派。

1988年、彼は言う。
「東京に作れないものをどんどん作る!」
「そして東京から、地方に金を送る」

原発を守り、地域を整備し、豊かにする。
しかしチェルノブイリの影響で誘致が難しくなる。

原発につきまとう、神話の対立構図。
安全神話と暗黒神話の対決の構図になっていく。
まるで呪いの掛けあいのような・・・


1990年代、より安全な実用型の原子炉が日本で開発される。
しかし反対派が言う。
「原発は絶対安全なのに、なぜ【より安全】を作るんだ!?」
「本当は安全じゃないと思っているんだろう?」


この呪いのかけあいが、原子力の安全性を損なった!!!
今もなお、原子炉を安全を守る労働者がいる。
その労働者への敬意もなく、差別すらある。

メディアの責任。
福島原発の直後、海水注入が臨海の危険ありと一面に飾る新聞記者。
メディアが果たした役割、○○が危ない!と煽る。

口蹄疫しかり。畜産農家のおじさんに石を投げつける人を作る。
ジャーナリズムは事実を何かに接続し、位置づけるのだ。

フランス人が福島からの避難指示を出したのは、作為責任
放射線には関係なく、法律で決まっている行動の結果だった。

メディアの中で一番売れるのは、不安である。
次いで驚き、神秘さ、断絶、非連続・・この順番に情報は売れる。


上記を「報道するリスク」と呼ぶ著者。
隔離の正義を唱えるメディア。

『私を不安にさせないために、私から全てのリスクを遠ざけて下さい。』
『リスクを背負う人たちは、私から遠くに住むべきです。』
隔離こそ正義であるという、このメディアの伝え方は非常に危険。


太陽光線の発ガンリスクをゼロにしたいのであれば、
地下深く暮らし、一切太陽に当たらずして証明せねばならない。
年間1ミリシーベルトといわれているが、
複数回被曝なら月に000ミリシーベルトまで大丈夫という学説がある。

事実として、被曝と生死の因果関係は分からない。

チェルノブイリの死者は妬く50人。
しかし地域の平均寿命は50代後半だった。
放射線との因果関係が非常に分かりにくかった。


健やかなる非知


2週目。
ドキっとするような著者の言葉、「健やかな非知」。
私が健康のために、その情報は必要ありあません。
その態度は、個人としてメディアに要求しても良い。

病院への告知問題への取材で著者が感じたこと。
余命を知ることへのストレスは拒否することができる。

女子供のジャーナリズム。

例えば原爆体験を語り皆が聞くこと。
チェルノブイリで死んだ子供の報道することよりも、
チェルノブイリで生きる元気なおばあちゃんを取材すればどうだ?


池上彰は実は分かりにくい!?

池上彰さん、子供のためにニュースを語る姿勢が、
もっとも日本人を励ますことができたのだ。

池上彰の話は分かりやすい、これは間違い。
話しの内容は子供にとっては分かりにくい。

あの顔、声、分かりやすく伝えようとする表情。
その姿勢そのものが伝わる、つまり分かりやすいのは彼の態度。

池上さんは追求しない。
未来完了形で語る。過去にさかのぼらない、未来で終わる。


メディアとは。
正義の論理ではない、ケアのジャーナリズム。
人を生命の情報として、それを社会情報に変えていく。

新聞ラジオテレビ、ブログ、ツイッター・・・
すべてのメディアへの著者からの鋭い言葉。

締めくくりはラインホルド・ニーバーの祈りの言葉。

変えられるものを変える勇気を、
変えられないもの受けいれる心の静けさを、
そして、
変えられることと変えられないものを識別する知恵を与えたまえ。


原発報道とメディア (講談社現代新書)/武田徹


武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ「かにタク言ったもん勝ち」9:15頃~放送/平日

[ 2011/11/17 19:04 ] 【た】武田徹 | TB(0) | CM(0)
著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。