武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の三枚おろし【大往生したけりゃ医療とかかわるな/中村仁一】

2012年06月11日~06月15日
2012年06月18日~06月22日 AM東海ラジオ放送まとめ

ブラックユーモアのつもりで読み始めたら、著者は本気である。

読売新聞の書評にも出た。
老人ホームの常任医師である著者。

大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)
中村 仁一
幻冬舎


大学病院を頂点としたピラミッド式の医療業界。
自然死が一番良い。そして、一番良い医者は自然死に無知である。

繁殖を終えた年寄りに癌死を勧める著者。
癌には、手遅れの幸せがある。検診やドッグは幸せをこぼす。
一冊通して読んでみて、鉄矢さんは考え方として「あり」だと思った。

ワクチンは不完全。

100%を約束しない。
例えばインフルエンザワクチンのある事件。

204人の人が亡くなった。
133人がワクチン摂取した。
(内、121人が60歳以上であった。)

老人が予防ワクチンを摂取したために死亡したのでは?
2280万人強の人が摂取し、204人が亡くなったのであれば、
多くの人が救われたとも言える。数字と報道の妙。


要は、自然治癒力に頼るしかない。
医療が手柄を独り占めしすぎているのではないか?

餓死では、脳内モルヒネが分泌され麻酔状態を作る。
無事に死にきる(全く痛みが伴わない。)

昔は棺が軽かったと葬儀業者は言う。最近は重い。
点滴・薬に漬けて溺死状態に近くなってしまう。

「そんな性格じゃ、おめえなかなか死ねないぞ!」

老人ホームで、老人同士のケンカの一幕。
おまえなんか死んでしまえ!というのが憎悪の言葉ではなかった。
ぞっとする、青ざめるような「死ねないぞ」の憎悪。

食べないから死なないのではない。
死ぬときがきたから、食べないのである。


点滴やめて水を絶つ。すると7~10日で自然死に達する。
病気になると食べたくなくなるのは

自力で食べる力がなくなったら医者の仕事は終了。
そこからは牧師さんの仕事になる。(フランスの話)

年寄りは、どこかが悪いのが正常。
全部健康な年寄りは・・・嫌われる。

・死ぬのは立派な仕事である。
・救急車は、呼ばない乗らない入院しない。
・癌予防は現代医療では不可能。加齢が危険因子となる。
・早期発見、不幸の始まり。

死ぬべきときに死ぬ。

著者の名言である。
医療が手柄を独占しすぎているのではないか?

朝から死とか葬儀とか癌だとか・・・
ご容赦いただきたいと鉄矢さん。

天皇陛下のお墓や葬儀の発言にも触れて。
ヒューマンサイズで結構ですよと言った件に涙。

『死の風が、吹いてきている。』

鉄矢さんの話。
コンサート後に「○○さん覚えてます?」と言われて唸った。
初キスをした人だった。

「・・・先月亡くなられました。」もうそんな歳になった。
思えば遠くへ来たもんだの歌詞に込めた人だった。


話は本書に戻って「天寿癌」。
癌で死ぬんじゃない。多くの人は、癌の治療で死んでいく。

余命3ヶ月を宣告されたある患者は、老衰死を選んだ。
腹水で腫れあがったお腹がすっかり元に戻って亡くなった。

癌は、敵にまわすと暴れる。
医者が癌治療に関与しないと、検死されるという不可思議。
ただ死ねばいいという訳ではない。簡単ではない。

事件死にされないためにはどうするか?
昏睡状態の状態になる前に、点滴一本でも打てばいい。
そうすれば治療行為にあたり、癌で死んだと認められる。


死に方名人をご紹介。

入川保則さん。
直腸癌手術をしたが、その後は拒否。
葬儀・骨壺や写真、かける音楽までを自分で演出した。

ある大企業・自動車メーカーの社長は青山の大葬儀場でやるなと言った。
「葬儀で交通渋滞を起こしてはいけない。」
「死者に煩わされることなかれ。」

緒形拳さん。
役を演じ遂げてから亡くなった。
ロケ現場近くに一軒家を借り、犬を一匹飼って語っていたという。

死に方のシミュレーションをしよう。

死を念頭におけば、生きかたが変わってくる。
遺影の準備、遺言を書くなどは当たり前。

事前指示書。
心肺蘇生をするか?70歳越えるとアバラは折れる。
酸素吸入、切開しての栄養補給や透析・抗生物質…意外と苦しいぞ。

生活習慣病は治らない。
生活習慣病の専門医たちは「治せない医者」である。
40歳も90歳も同じように扱う、臓器中心主義者。

数値と画像のみで診断するのはいかがなものか?
メディカルチェックを受けて亡くなったサッカー選手もいた。

手遅れが不幸とも言えない。
早期発見が幸せなんて決められない。

定型で語ることの危険さ。
「孤独死」それは不幸なのか?静かでいいのかも知れない。

勝手にマスコミが悲惨な餓死だとか言ってるだけかも知れない。
「孤食」が幸せに感じることだってある。ジャッジはできない。

笑われずに生き、見苦しくなく死ぬ。
ということ。




大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)/中村仁一


武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ
「かにタク言ったもん勝ち」
9:15頃~放送/平日
スポンサーサイト
[ 2012/06/13 16:36 ] 【な】中村仁一 | TB(0) | CM(1)

今朝の三枚おろし【人を助けるすんごい仕組み/西條剛央】

2012年06月04日~06月08日 AM東海ラジオ放送まとめ

震災で物資を個人から個人へ届けた新しい仕組み。
閉塞した正義・公平を打ち破る。

人を助けるすんごい仕組み――ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか人を助けるすんごい仕組み――ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか
西條 剛央
ダイヤモンド社


著者は仙台産まれの早稲田大学院選任の講師。
どちらが良いか悪いか?じゃなくてどう生きるか?
震災後、数週間でボランティアとして動き始めた。

カラスの集まるところを優先に捜索しよう、なんて言ってた頃。
まだ現地では遺体捜索が始まって間もない状況だった。

状況と目的だけで組織を作る。

パソコンは使えない。宅配便は昨日している。
ホームページとツイッターを使ってリストアップ。

集約して再配布するのでない。組織体は作らない。
知らせるだけ。届いたかチェックするだけ。

有名な日本赤十字社とはまったくちがう。
支援システムが物資を集めるとロクなことはなかった。


amazonのサービスサイト「欲しいものリスト」をカスタマイズ。
被災者のパソコン使える人が登録をして支援者から直接受け取る。
なんと2日で2万4000個の支援物資が個人から個人へ渡った。

行政のもつ正義と公正の意識

均等に、分け隔てなく分配しようとすると
仕分け、管理、輸送、同じ行程での分配・・・
人を助けるシステムは上下関係を作るとダメになる。

注意することは、重複を避ける。
初夏になると電化製品の需要が高まる。
全壊、半壊のジャッジはしない。とにかくどんどん配りまくる。

往復はがきが同封されているので、受けとったらすぐ礼状を書える。
ありがとうの循環が速い。ボランティアが活気づく。

支援は「始縁」

夏以降は、エンターテイメント。
子供たちには人形劇とクラシック。

漁場関係者には、パソコン学習支援プロジェクト。
福島の人たちにはガイガーカウンターをプレゼント。
不満や不安は全て横に置いて、まずは配る。

ボランティア組織も人間関係。
うまくやっていくための7箇条。

1、スタッフ同士での質問は気軽に、批判は慎重に。
(あの件どうなっているの?はOK。え、まだやってないの?はNG。)

2、抱えてから揺さぶれ
(お礼を言ってからお願いをする。)

3、同じことで同じ人に愚痴を言わない。
4、他人が見ている視線を気にしよう。
5、声と顔で話しをすること。
6、休むこと
7、同じ目的を持つ人は味方。


ボランティアのチーム編成をチェスの駒に例えて。
必要な人は、

戦士。
参加ボランティア。善意に満ちあふれている。

武術家
現地ボランティア。道に詳しかったり。

商人。
会計ができるひと。

魔法使い。
パソコンやツイッターを自在に扱える。

僧侶。
ベテランの経験者。

原発について著者は語る。
ボランティア活動において、原発は是か非かをとりあえず置こう。
ガイガーカウンターをとにかく配ろう。

たちまち解決できる正しいビジョンを求めて激突するような問題を、
何年か横に置いておきませんか?

著者の問いの立てかた。
「原発をなくしても、問題が生じないようにするためにはどうするか?」
答で争うのではなく、問題を言い争わないか?



人を助けるすんごい仕組み(ダイヤモンド社)/西條剛央


武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ
「かにタク言ったもん勝ち」
9:15頃~放送/平日
[ 2012/06/05 09:25 ] 【さ】西條剛央 | TB(0) | CM(0)

今朝の三枚おろし【海馬―脳は疲れない/池谷裕二 糸井重里】

2012年05月21日~05月25日
2012年05月28日~06月01日 AM東海ラジオ放送まとめ

もう7年も前の脳に関する対談本。
3月の博多座公演直後、疲れでフラフラのときに出会った本。

海馬―脳は疲れない (新潮文庫)海馬―脳は疲れない (新潮文庫)
池谷裕二 糸井重里
新潮社


しゃべり疲れて人と話す気力はないくせに、ひとりホテルで寂しかった。

一流のひとで無口な人はいない。すごい人って、よくしゃべる。
仏陀にしろイエスにしろマホメットにしろそう、
自分で書く暇がないほどしゃべり続ける。

例え話をしてでも話し続ける。
例え話をしたがる、しゃべりたがる脳ってなんだろう。
もしや例え話って、事実とズレているかもしれない。


あるヨガ業者が例える。
私の奥義は熱いお湯。コップの水を全て捨てなさい。
全て捨てないと、ぬるいお湯しか与えられない・・・

ちょっと待って、鋭い糸井さんは気が付く。
奥義を伝えるっていうことと、熱いお湯を与えることは違う。

でも、脳っていうのは結びつけたがる。
似ていることを結んだだけで快感を感じる。

納得とは、快感のことです。

脳が安らかに休んでいるとき、脳は苦痛を感じる。
脳は自ら幻覚を見てまで刺激を得ようとする。


よく聞く言葉。
「少し頭を休ませろよ。」「頭を冷やせよ。」
脳学者は言う、これは間違っている。

しかし脳は疲れない臓器。疲れるのは目。

考え続けると、良い答と良い結果が出る。
区切りの良いところで休んでしまうと、全部休んでしまう。
キリの悪いところ、ちょっと先までいって休むのがちょうど良い。

考えることを休まないで、他のことをするといい。
ドライブとパチンコ、散歩など。すると脳は待機状態になる。
抱えている問題を脳内でキープして、答を得ようとする。

集中した状態を保ったまま他のことをする。
つながりを修正したり、新しいつながりを作る。


エリートに必要なのは集中力。

「想定外」のことを考えようとする科学者たち。
試験に受かる人は想定外では生きられない。
想定内を解けるから試験に受かるのである。

想定外を考えるときに必要なのは分散力。

問題を解く力があるばかりに問題を作る力がない、それがエリート。
分散力とは、例えば「明日宇宙人が襲ってくる」そんな時に働く力。

海馬、記憶を作る。
これを失うと今を失う、脳の玄関。

海馬のワキにある扁桃体、これが感情を作る。
好き嫌いが記憶影響を及ぼす、好きなことは覚えられない。

海馬の神経細胞は本人の意志でどんどん増えていく。
好きな記憶はどんどん増えて蓄積されていく。

遊びの数をたくさん持っている人は、海馬が成長する。
遊びが少ない人は、自分の意見にこだわるようになる。

自分に都合の良い解釈のみで生きようとする、「海馬が馬鹿。」
きっといい人なんだろうけど、「海馬が馬鹿。」

昨日とおんなじことばっかり言ってる人には付いていかない方がいい。

人生って、27歳以上にならないと楽しめない。

脳学者のひとが言っている。
幸せの黄色いハンカチやったのは27歳だった・・・。

女学生の書いた日記ってつまらない。
新しいものを結びつける能力は、歳をとらないと面白くない。



2週目。
ネズミの海馬を破壊してしまうと、ストレスで胃潰瘍になる。
寅さんも言った。人には一個ずつアタマというものが支給されている。

脳は分からないことがあると嘘をつく。思いこむ。
記憶自体はいいかげんだ。

湿度、温度、匂いまで思い出せることもある鉄矢さんだが、
映画のワンシーンを勝手に作ってしまうことがよくある。

どうして嫌いになったのかを説明できる恋は、すでに死んだ恋である。

離婚するときの脳の使いかたは良くない。
欠点をクローズアップして演出している。

どうして好きになったかを説明できないは良い。
そのとき、脳はいちばんワクワクしている。

やる気を生みだす側坐核(そくざかく)は、実行すると働く。
やり始めるとおもしろくなってやってしまう。


海馬は睡眠が必要。
脳そのものは疲れないが、情報の棚卸しが必要。
海馬が棚卸しをするとき夢を見る。

昨日までできなかったことが今日できるようになる。
それは、海馬の整理整頓が終わったから。
車の運転もそう。海馬には情報整理が必要。

今日できなかったことを、寝る直前に何回か思い浮かべる。
そうすると、海馬が自動操縦を始める。
どの回路を結びつければいいか脳内が働く。
気持ちの切り替えも、脳の作業。

アセチルコリン、ドーパミン、脳をやる気にさせる。
大きな目標を持つよりも、目標を小刻みにさせること。

危機と恋で扁桃体が燃える。

男が夢中になれるものは恋と革命だと太宰治も言った。
抱きしめたいと思うか、死ぬかもしれないと思ったとき。

恋をしつつも危機に身をさらす、舞台もそう。
尖った神経で広い感覚を発揮している。
だから舞台役者は色気、妖気がある。

例えば早替わりをしたなら、早替わりしたような顔をするのが華。
ほんのちょっと、疲れを見せるのが感動を呼ぶ。
パーフェクトに味はない。ほんのちょっとのズレがいい。

脳内でつながりを探す100億の細胞。
ブレたのブレないだの、本当にくだらない語法。
あとで修正するかも知れないが、今はこう思う。
そんな言葉づかいをできる脳でいたい。



海馬―脳は疲れない (新潮文庫)/池谷裕二 糸井重里



武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ
「かにタク言ったもん勝ち」
9:15頃~放送/平日
著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。