武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の三枚おろし【春を恨んだりはしない - 震災をめぐって考えたこと/池澤夏樹】

2013年03月11日~2013年03月15日
2013年03月18日~2013年03月22日 AM東海ラジオ放送まとめ

一種のエッセイ集だが、著者の言葉が美しい。

春を恨んだりはしない - 震災をめぐって考えたこと春を恨んだりはしない - 震災をめぐって考えたこと
池澤 夏樹 鷲尾 和彦
中央公論新社


あの日は流れていかない。
刻印されたその日であった。

我々の背後には、3.11の死者たちがいる。

死を祓わず、怯え続けよう。
ヒロシマ・ナガサキと同じ資格を、我々はその資格を得た。
「資格を得た」という表現に鉄矢さんは打たれた。

あの頃はよく泣いた。
自然は人間に対して無関心である。
自然は、襲ったことすら覚えていない。

異国の詩人がこんなふうに詠んだ


春を恨んだりはしない
春を責めたりはしない
わたしがいくら悲しいとて、
そのせいで緑の萌えるのが止まったりしない

地理としての国土。

著者の視点は巧みに切り替わる。

日本の国土の特殊性を考える。
異民族支配を受けたことはアメリカ以外にない。

神話の頃から国境線が殆ど変わっていない。
朝鮮半島から対馬を挟んで200km、絶妙な距離感。
渡れないことはないが、大群を率いては渡りにくい。

中国の道具を輸入して文明を継承しながらも、
中国文明へ憧れたことはない。
子分のくせに親分に媚びない国。

微細な揺れも含め、日本は年に12万回の地震。
勧告は40回。日本というのは、そういう国である。
台風だって毎年やってくる。

普遍を信じない。
我々は無情である。
それを不幸と思わず、個性と思おう。

原子炉は、下り道を行く重い車である。

ブレーキだけがあればいい。
恐ろしいのは、無限のエネルギーだということ。
原子核と素粒子の関わりで作られる力は、自然的ではない。

鉄道や路線バスが自家用車=マイカーに。公から個への現代。
公衆電話が携帯電話、パーソナルコンピューターなんて言う。
エネルギーは個人のものになった。

自然とバランスとは何だろうか。
エネルギーにおけるバランスを立て直す発想が必要ではないか。

政治にできることはなんだろうか。
政治ではなく、国家レベルで原発問題を放置したのである。
我々は当事者であり、メディアも当事者である。

当事者は「あいつのせいだ!」と生け贄を作る。
民主党3人の党首たち、みな生け贄だった。



春を恨んだりはしない - 震災をめぐって考えたこと(中央公論新社)/池澤夏樹
スポンサーサイト
[ 2013/03/24 19:27 ] 【い】池澤夏樹 | TB(0) | CM(0)

群れはなぜ同じ方向を目指すのか?

2013年02月25日~2013年03月01日
2013年03月04日~2013年03月08日 AM東海ラジオ放送まとめ

考えてみれば不思議。

なぜあんなにシンクロできるのだるか?
リーダーはいるのか?など。

群れはなぜ同じ方向を目指すのか?群れはなぜ同じ方向を目指すのか?
レン・フィッシャー 松浦俊輔
白揚社


群れはカオスのエッジである。

分子や原子、砂漠の砂もそう。
引力・斥力・重力・風などが秩序を生み出している。
フライパンに塩を敷いて熱を加えると美しい縞模様になる。

想発。
砂粒に規則を与えて動かすと生き物のように振る舞う。
群れ知能、群れだけが共有する知能がある。それはどこにあるか。

群れの謎。雁がVの字で飛ぶが、先頭は老いた雁。
リーダーは後ろにいる。老いた雁を見捨てないためのシステム。
個人が持ちえない群れに入ることでの能力を発揮する。

イナゴ。
群れになると性格が変わる。体の色も変わる。
イナゴの大群は、1千億匹の集団になり国を滅ぼす。

その秩序は「後ろから来る奴に喰われたくない」
仲間を離れたくない。仲間に喰われたくない。
それだけの秩序でイナゴは恐ろしい大群を作る。

ぶつかりたくない
はぐれたくない
遅れたくない


この3つが揃うと、悪魔が襲ってくるような集団になる。
ミツバチもそう。リーダーが先頭から引っ張っるのではない。

ぼーっとした目的地がなく暇なミツバチが蜜を多く持ち帰る。
そのミツバチが群れの仲間であろうとすることで、群れが生存できる。
・・・なぜ暇なミツバチにそれができるのか?

同じことを人間で実験してみる
A~Jまでの部屋があり、200人が好きな部屋に入る。
しかし他の人と両手幅感覚で歩くように条件付ける。

200人中わずか10人に「Fの部屋へ行くように」と指示しておく。
すると10数分後、90%がFの部屋にいる。

集団が大きいほど、少なくて見えないリーダーで導くことができる。

リーダーが居ないと嘆く人がいるけれど、
最も優秀なリーダーは絶対先頭にいない。

群れの内側に居て目標を気づかせず、己の行きたい方角へ向かいつつ、あとは群れの法則に任せる。

やたらと前に出たがるリーダーってのはちょっと…
どうも胡散臭くていけない。

色々な意見が集合していないと、群れは生存危機になる。
蟻もそう。優秀な蟻が餌へ導いて行列を作るのではない。
一番はじめにまずランダムがある。

隣人のマネをすることで群れができる蟻。
自主性なんかもつと、群れが崩壊してしまう。

パニックが起きたとき、最も良い逃げ方は、
60%は皆と一緒に逃げ、40%は自己流の逃げ道を探す。
そうすることで生存率がグンと上がる。
津波のときはてんでんこ。これも群れの知恵であった。

多数決にはパワーがある。

ミリオネアのオーディエンスもそう。
鉄矢さんの経験でもショックだった。
専門知識よりも多数決が勝つことが多い。

ジェリービーンズの瓶詰め。
粒の数を20人が予測し、その平均をとると正解に近い。
しかし実際に正解数を当てた者はいなかった。

これが多様性予測定理。
肝心なことは、全員が違った意見をもつこと。

マイクロソフトは、専門家より従業員の意見を優先されるという。
アメリカから輸入されたこの考え方。
馬鹿にせずにやってみよう。

・個人の独立性。
・偏りがないこと。
・全員が同じ問題に答えようとすること。
・賛否の情報は両方そろえること。
・その問題には正解がなくてはならない。

選挙も群れの知恵。
しかしギリシャで始まって以来、選挙制度がうまくいったことはない。

集団思考。
集団は、間違いを犯してしまうことがある。
別の意見を持つと、集団内に居づらい。

絶えず色々な問題に取り囲まれ、
群れで解決する運命を担っている。

鉄矢さんからの提言。
パターンを変えると良いかもしれない。

領土問題などは、第三国を巻き込むとうまくいくかもしれない。
群れ知能を活かすためには、難しく哲学的な方法を考えてみる。




群れはなぜ同じ方向を目指すのか?/レン・フィッシャー 松浦俊輔
著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。