武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の三枚おろし【わたしたちの体は寄生虫を欲している/ロブ・ダン 瀬名秀明】

2013年12月16日~2013年12月20日
2013年12月23日~2013年12月27日 AM東海ラジオ放送まとめ

心臓手術で抗生剤まみれになったとき、
妙に散歩がしたくなった鉄矢さん。ジムにも行きたい。
砧公園の湿っぽい空気が吸いたい、ジムで他人の汗くささに触れたい。
人は、本能的に異物を欲しているのでは?と思い手にした本。

わたしたちの体は寄生虫を欲している (ポピュラーサイエンス)わたしたちの体は寄生虫を欲している (ポピュラーサイエンス)
ロブ・ダン 瀬名秀明
飛鳥新社


免疫不全、クローン病の共通点は冷蔵庫か?
腸内に残る原始からの菌が、安全になった現代の肉体を攻撃する。

クローン病の治療として、寄生虫を腸内に定着させる。
すると完治した人が90%以上となった。

寄生虫、というと気持ち悪いが「腸内細菌」だと話が変わる。
善玉菌と悪玉菌、すべて殺すと人間を殺すことと同義。
腸内には細菌が必要なのである。

勝ち続ける(生き続ける)ためには、敵を皆殺しにしてはいけない。

2005年、盲腸の役割が判明した。
免疫システムの中で、外から進入した菌を隠すという役割。
悪い菌の隠れ宿として、システムに刺激を与え続ける。


わたしたちの体は寄生虫を欲している (ポピュラーサイエンス)/ロブ・ダン 瀬名秀明
スポンサーサイト
[ 2013/12/31 13:01 ] 【ロ】ロブ・ダン | TB(0) | CM(0)

今朝の三枚おろし【すぐれたゴルフの意思決定/印南一路】

2013年12月04日~2013年12月06日
2013年12月09日~2013年12月13日 AM東海ラジオ放送まとめ

練習は必要、だが上達の条件ではない。

上達とは、ショットの成功率に現れる。
意志決定、心を決めることである。
ゴルフは人生に通じるものがある。

すぐれたゴルフの意思決定すぐれたゴルフの意思決定
印南 一路
東洋経済新報社


判断力の向上、ものごとをどう決めていくか、である。
これはゴルフだけに言えることではない。

なぜミスをするのか?

自分が犯したミスの種類を、分析できるようになること。
そもそも、人間は錯覚するようにできている。
頭で理解してても、身心がついてこない…なんて経験もあるだろう。

脳内で交差する視神経、実は視界の一割程度しか見えてない。
つまり実際とは見え方、捉え方がちがうのである。

足の裏で、傾斜を測ることなんてできない、絶対に。
視界の背景に森があると近くに見えて、空があれば遠くに見える。

錯覚を楽しもうとする知的な努力が必要だ。


ゴルフとは、錯覚にはじまるミスのゲームである。
成長の実感と、安定したスコアの快感を味わおう。
飛ばしの快感は捨てるべきである。

私がどう意志決定したか、正解はない。
熟慮と即断、この矛盾をどう技にして身につけるか。

恍惚するスポーツ、ゴルフ。
だからこそ自己制御が必要である。
熟慮に必要なのは時間ではない、選択肢である。

・ものすごくドキドキする
・ドキドキする
・ドキドキしない

この3つのどれをやろうとしてるのか。
ドキドキは2度続かない。

ナイスショットを求めずに、
3回に1回の成功確率を上げること。

「夢を見た者は、必ず上達。」そんなことはない!
果てしない上達を求めず、ミスと向き合うこと。


すぐれたゴルフの意思決定(東洋経済新報社)/印南一路
[ 2013/12/31 11:46 ] 【い】印南一路 | TB(0) | CM(0)
著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。