武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の三枚おろし【「声」の秘密/アン カープ 】

2011年06月27日~07月01日
2011年07月04日~07月08日 AM東海ラジオ放送まとめ

導入。
石川さゆり【バナナの叩き売り芸】の声が素晴らしい。
芸のラストは「バナナー!!」と叫んで終わる。

「声」の秘密「声」の秘密
アン カープ Anne Karpf
草思社


声は、もっとも深い個人情報。

3.11以降、自分の声の出し方も変わったなぁ…と鉄矢さん。
覇気がなくなったような気がする。
一方で、全く声が変わらない人もいるんですよ。

声には、人間の本当の秘密が隠されてる。
声の中にこもる個人情報。文字には込められない情報。

声帯だけではない。頭蓋骨に響かせて内耳に届く声。
だから自分の声って自分で聞くと、なんかイヤだ。
鉄矢さん声は、嫌われやすい声、イヤミな声と自己分析。


産声。
初めての人間の声。
お母さんの声をお腹の中で聞いて、泣く練習をしている。
そして必ず、ラの音で泣く赤ちゃんの産声の不思議。

一泣き、0.6秒。規則的・連続的に泣く。
お腹が空いたときの欲求を表現している。

3~4秒泣いて、7秒ほど止めて、また3~4秒泣く。
これは排泄、おしめを取りかえてほしい合図。

初めて覚える言葉。
ばびぶべぼ、まみむめも、から覚える。
ママ、マァマなどから始まる赤ちゃん言葉。


KY=声が読めない

空気読めないのではなく、声が読めない。
声から相手の感情を察する能力の低下に注目したほうがいい。

言葉ではく、声に反応するのである。
・おかえり
・ただいま
・どうしたの?

声が分からないと、人間はおそろしく思う、怯える。
人間の怒りの声を、怒りだと識別できない性犯罪者。
女性の怒りの叫びを、うれしそうな悦びの声に勘違いした青年。

その声に、どんな感情が込められているのか?
マリリンモンローの甘え声を聞いて、失神した人の話。



声の大きさの不思議。
80デシベルを超えると、怒りの声に聞こえる。
中国人の声が大きいので、怒っているみたい。

人は言葉に傷つくのではなく、声に傷つくのである。

日本語のスミマセン、に込められる思いは「もう話したくない」。
愛している、に殺意を込めることができる。
てめぇバカヤロー!の言葉には、最愛の意味もある。
ある日、女房が言う「そんな人だったの…」とボソリに傷つく。

そして人は、言葉ではなく、声に励まされるのである。


世界の声文明から孤立した国、日本。
女性の声が高すぎる。高い声の女性を好む日本人。
小室哲哉の高音キーしかり。歌い手も困惑。

高い声はニュース番組には向かない。
しかし小宮悦子は低かった、努力の結果の低い声。
信憑性、信頼性を勝ち取ったという小宮悦子。
(小宮さんは、声帯を痛めていたらしい。)

アメリカでは、話しが重大になると、声が高く大きくなってくる。
中国では、重大な話になると、声は低く小さくなる。

西洋人の3倍ほどの相づちを打つ日本人。、
水谷さんは最も相づちが少ない。

…いろいろ面白い調査結果がでてくる「声」の秘密。
2週目につづく。




2週目。
声については不思議の国ニッポン。相づちが長い。
少しつっかえながら話す人に好感をもつ。
一方、流ちょうに話す人に、疑いもつ。

人は、語ろうとする言葉よりも、語るまいとしする失語から真実を得ようとする。

武田鉄矢さんは、断定口調で人から嫌われる…と自己分析。
そんなお手紙も多くもらっていると言う。


低い声が人を惹きつける。
ルーズベルト大統領の声の低さ・テクニック。
一般人と紅茶を飲み、自信にあふれた明瞭な発音で、希望のみを語るラジオ番組。

声について歴史上の人物ヒトラー。
ヒトラーの声はかん高くて響かない。演説も上手じゃない。
ホールで響かせ洗脳・煽動するという発見をする。

ヒトラーの逆を言ったチャーチル。
冷静さをなくした声だという印象を与えないために、
常に低い声でゆっくりと、間を取るテクニックを使ったチャーチル。

ブッシュ、ゴア、ケリー。
ゴアとケリーは声に魅力が足りなかった。
そこでブッシュは気がついた。訛りを敢えて全面に出した。

ブッシュの言い間違いや、問題発言。
アメリカ人は不思議と、家族と話しているような気にさせられる。
南部からやってきたおじさんと話すような、安心感を覚える。

アメリカ大統領は、バーベキューに呼びたくなるような人

日本風に言うと、一次会も二次会も呼びたくなる奴。
形式的な場では引き締まり、くだけた場では盛り上がるような人物。


ここから本の内容から離れ、日本の政治家の声について語りだす。
小泉元首相、少なくとも一次会の乾杯の音頭はやらせたくなる。
圧倒された迫力。自民党をぶっこわす!の声に「こいつ本気だな」を感じさせる。
深いのか、浅いのか、何を考えているのか最期まで分からなかった首相。

元首相の声をイメージして、麻生さん、阿部さん…二次会には呼びたくない。
谷垣さんも二次会には呼びたくない。

福田さん…福田さんは使い道がある!意外と声がいい。
枝野さん…武田鉄矢と同じ声の響かせ方でダメだ!と自己分析。
そして小沢!これがまた二次会に呼びたくなるから不思議。

…と、最期は脱線して終わった「声」の秘密。



「声」の秘密(草思社)/アン カープ


武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ「かにタク言ったもん勝ち」9:15頃~放送/平日
[ 2011/07/08 17:37 ] 【ア】アン カープ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。