武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リスナーからのお手紙と、震災歌集。 -今朝の三枚おろし番外+歌集/長谷川櫂-

2011年08月01日~08月05日 AM東海ラジオ放送まとめ

震災歌集

今週はリスナーからのお手紙と、震災歌集。
震災関連の放送・話へのメディアへの批判。
もちろん武田鉄矢さん水谷さんへの厳しい指摘も紹介予定。

導入。
インスタントカメラ写るんですを被災地の子供に渡すと、
ファインダーを通して不思議と希望を移そうとする。

東北の人からAfter the Quakeーまだ終わってない!という電話があったり。
震災後に古代史の放送してた武田さん、震災の話しろよ!と手紙。

震災歌集震災歌集
長谷川 櫂
中央公論新社


・・・ごめんなさい許してください、と鉄矢さん。
武田さんが話す術もなく、まだ情報を集めていた時・・・
そんな早くに詩を書いた人がいる、出版された歌集がある、驚き。


津波とは波かとばかり思いしがさにあらず・・・

津波とは実際は、横にやってくる滝である。
かんたんに死者2万人と言うなかれ!
その人ひとりひとりに親あり子あり…

ある新聞のキャプションに「神でなきゃこんなことはできないよ」と。
津波被害にあった人たちは、海に敬意を払ってきたのに…

海・山・川・森・林で生きている人たち。
海に全てを奪われた。「でもよ、やっぱり海をよ…」と黙るおじいさん。


泣き疲れ 人々眠る 暁に 地に降りて立ち 佇む者あり 

ものすごく不思議な一首ということで紹介。
地に降りて立つ、人ではない者があったのか…?


鉄矢さんから著者への異論。
人々を孤児(みなしご)と表現した著者の言葉は…ちがう。
あの時、日本人は孤児ではなかった。

亡者が地獄を彷徨うように帰宅困難者の列。
ただ黙々と混乱もなく歩く。略奪もなく。
床に落ちた商品を拾ってレジに並ぶ子ども。

被災地の中国レスキュー隊に商店のおばあちゃんが言った。
「遠いところから助けに来ていただいてありがとうございます。」
「お金は受け取れません。」


西行法師・宮沢賢治など、かつての歌人を呼び出して励ます。

西行法師に、この東北の桜を詠んでみよ!何と詠むか!?と返歌する。
宮沢賢治に、ここに来て、一首作ってくれよ!という。
宮沢賢治といえば農民芸術概論。

未完すなわち完成。求道すなわち道である。

完成してないと言い切るあんたは完成している!
道を探すことは、もう道なのである。

これに対して長谷川櫂は読む。
求道すでに道であるならば、大津波のガレキの原に、すでに道あり!
力強く、とにかく力強く励ましの言葉を送る歌人、長谷川櫂。


締めの一首。
新聞にも紹介されたという、鉄矢さんが最も感動した歌。

人々の 嘆きみちみつる みちのくを 心してゆけ桜前線



震災歌集(中央公論新社)/長谷川 櫂


武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ「かにタク言ったもん勝ち」9:15頃~放送/平日
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。