武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

見方があり方を決める -インサイド・アウト(内から外へ)7つの習慣

より優れた人格へレベルアップしたい。
そんな思いで始めた、この7つの習慣ブログ。

前回テーマでは、パラダイムの転換が必要なんだと理解できた。
ものの見かた・考えかた・行動の基準、それがパラダイム。
自分の持っている地図と地図だと例えられる。


ぼくは今なんだか苦しい。漠然としているけれど、なんだか苦しい。
だから僕は、今持っている古い地図を見直して、新しい地図を持ちたい。

きっとこの本には、苦しさを乗り越えるヒントが書いてある。
僕の漠然とした苦しさを、楽しさに変化させる魔法なんて書いてなかった。

けれど、
苦しさを変えられる力が自分にあるんだと、
この本を読みながら、読みながら、少しずつ分かってきた。

そう、少しずつでいいと思う。
劇的なパラダイムの変化って少ない。
少しずつ、自然体で変えることができる。

新しいパラダイムは、
自分たちの人格の成長に投資した自然の結果であった。

※本書より引用

7つの習慣―成功には原則があった!7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー Stephen R. Covey
キングベアー出版


著者も、息子との関係に、長いあいだ苦しんでいた。
時間をかけて、じっくりと、著者の妻と一緒に、自分たちを見つめ直した。
その結果、ものの見方(=パラダイム)を転換させ、息子との関係は改善。

苦しみを解決するヒントは自分の中にある。
自分自身とゆっくり向き合って、根気よく変化をする。

ぼくも、今の漠然とした「なんか苦しい」の原因はいろいろある。
無心になることで忘れることはできるけど、また苦しくなる、

昔の記憶や、辛かった経験を、自分ひとりで抱えるのはしんどい。
記憶や経験は変えられないけど、今の自分を変えることはできる。

具体的に何をどう考えたらいいかは、まだ分からない。
今までのテーマから、ものの見方(=パラダイム)を
変化させる必要性を理解することができた。

パラダイム転換が、今の自分を変える第一歩なんだということ。
どうやって変えていくべきかを、この本から学ぼうと思う。
だから、ゆっくりと根気よく、このブログをつづけていこうと思う。

※以上「見方があり方を決める」より 
>> 各テーマ一覧まとめ-7つの習慣-

7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー Stephen R. Covey/キングベアー出版 1996-12
[ 2009/10/05 21:12 ] 7つの習慣 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。