武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

原則に忠実、スケジュールに柔軟 -第三の習慣●重要事項を優先する

人に対しては効果性を考え、
物に対しては能率を考えるべきである。


15分で別れ話を終わらせようとする愚行を決めてしまう。
人の感情は、時間で刻めるような「物」ではない。

7つの習慣―成功には原則があった!>スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー Stephen R. Covey キングベアー出版

時間をかければ達成できること、部屋の片付けとか、草むしりとか。
むしろ時間で区切ってしまったほうが、効率が高くなる場合がある。

30分で庭の草むしりを終わらせる計画を立てるとする。
一人では難しそうだ、ならばどうするか?
誰かに頼んで二人でやるとか、機械や薬品を使ってみるか・・・


人を動かしたり、仲良くすることは時間で区切れない。
たとえば説得し、話し合い、関係の構築など。

お互い妥協しなければ前に進めない事もあるし、
交渉が決裂する可能性だって十分にある。


多くの場合、私たちの持っている期待増そのものは、自分自身の本当の価値観や優先順位を反映したものにはなってない。

僕は、本書で学んだ原則に従い、生活したいと考えている。
結果や成果を先に求める考え方を変えている最中だ。

しかし考え方を変えても、現実が追いつかない気分になることがある。
仕事については特に、悩むことが多くなった。

利益よりも将来性を優先して、お金よりもお金を稼ぐ能力を磨きたい。
お金よりも大切な自分自身への投資、つまり自己成長があってのこと。
自己成長のベースにある、健康向上のための生活リズムは守りたい。

こうして自分の価値観や優先順位を誠実に守ろうとすると、
突発的な仕事に対応してばかりいることが、矛盾した活動になる。
無理をしてお金を稼ぎ、寝る間を惜しみすぎて身体を壊したりする。

・・・こうした現実に折り合いをつけて、前進することは困難だ。
かといって、妥協を続けるのは良くないと思っている。

さてどうしたものかと頭をひねり、
第三案を見つけようと努力している。


以上、7つの習慣「原則に忠実、スケジュールに柔軟」より 
>>-7つの習慣のテーマ一覧・まとめ-に戻る


この記事は、7つの習慣―成功には原則があった!を読んだ、個人的な感想です。
ブログ内で本書の内容を引用しているのは、個人の見解を補足する意図です。
本書の意図・著者の考え方を知るためには、本書をお読み下さい。

スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー Stephen R. Covey/キングベアー出版 1996-12
[ 2009/12/08 08:37 ] 7つの習慣 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。