武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

使い走りのデレゲーション -第三の習慣●重要事項を優先する

前章で登場した言葉「デレゲーション」。意味は、人に任せること。
とすれば表題は「使い走りの人に任せる」と解釈して良いだろう。


「任せてみたけど、何一つできやしない。」
「私がやったほうが早いじゃないか!」

よく聞くセリフ、僕も口にしたことがある。
そのセリフ原因は、使い走りのデレゲーション。
つまり、任せきれていない自分に原因があると知ろう。

相手の行動すべてに関与しなければならないとすれば、はたして何人の人を管理・指導することができるだろうか。

7つの習慣―成功には原則があった!>スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー Stephen R. Covey キングベアー出版

仕事にせよ家事・手伝い・ボランティア、スポーツ・・・全てに共通する。
ゼロから教えて、最後までやり遂げられるか心配になったり・・・。
つきっきりで相手の行動を観察して、イライラが溜まったり・・・。

これは教えかたの問題ではなく、「任せかたの問題」なのである。
なにを、どのように、どの程度、どのくらいの期間、任せたいのか?
自分のコピーロボットを生産したくて、人に任せるのか?

・・・一度、任せられる立場になって考えてみて欲しい。
すると、自分のもっている“任せる姿勢のあり様”が見えてくる。

自分は多くの場合、任せることが下手である。
多くの場合、任せるまでのプロセスが間違っている。

どこが下手で、なにを間違えたのか・・・?
では、どんなデレゲーションを原則にすれば良いのか?
ヒントは次章、「完全なデレゲーション」へつづく。



以上、7つの習慣「使い走りのデレゲーション」より 
>>-7つの習慣のテーマ一覧・まとめ-に戻る



この記事は、7つの習慣―成功には原則があった!を読んだ、個人的な感想です。
ブログ内で本書の内容を引用しているのは、個人の見解を補足する意図です。
本書の意図・著者の考え方を知るためには、本書をお読み下さい。

スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー Stephen R. Covey/キングベアー出版 1996-12
[ 2009/12/11 10:17 ] 7つの習慣 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。