武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

信頼残高をつくる六つの大切な預け入れ -相互依存のパラダイム

この章では、信頼残高を増やす原則を細かく解説している。
表面的なテクニックではなく、根本にある6つの考え方。
ひとつずつ、丁寧に読み解いていこうと思う。

7つの習慣―成功には原則があった!

(1)相手を理解する

自分の体験を例に考えてみる。
僕は、まんが喫茶に行くのが楽しみだ。
週に1回は、好きなコミックを読みながらリラックスする。

流行りのネットカフェではなく、喫茶店の風情が好きだ。
鉄板スパゲティがメニューにあるような店を選ぶ。
最近では、そんな雰囲気のまんが喫茶は少なくなった。

つい先月も、馴染みの店が閉店した。
近所にお気に入りの店がなく、非常に困っている・・・

・・・という、僕の個人的な悩みを同居人に話してみた。
(同居人は、まんが喫茶にはあまり興味がない。)
同居人は「それは困ったねえ」と同意しながら聞いてくれた。

同居人は、こんなことも言ってくれた。
「自分にとっては全く興味のない話なんだけど・・・
あなたにとっては、シリアスな問題なんだろうね。」

同居人は、僕の悩みを同じように感じようとした。
興味がない話につき合ってくれたことが嬉しかった。

相手のことを大切に思うのであれば、相手にとって大切なことを、あなたも大切に思う必要がある。

僕は、この原則を多くの人に適用したいと思っている。
だから、日常で接する身近な人を大切に思うことから始めたい。
まずは家族やパートナー、そして友人、近隣の人、職場の人・・・。

自分が相手に理解してほしいのと同じように、相手を一個人として深く理解し、その理解に基づいて相手に接するということだ

心の根っこに何度も問いかけ、分かったことがある。
僕は、他人を理解したい!と、沸き上がる気持ちが少ない。
誰かを本気で理解したいと思うことがあまりないのである。

人格的に欠陥があるのかと悩んだけど、そうではない。
相手を知りたい!という気持ちは、欲求ではなく抑制心だと思う。
まず自分を理解して欲しい、というわがままがを抑える心である。


一方で、嫌いな人・苦手な人・関わりたくない人がいる。
横柄な態度の人や、言動が失礼な人、悪意のある人・・・
ケンカやいざこざで、関係が崩れてしまった人もいる。

不快な態度の人やきまずい相手に、どのように接したらいいのか?
それは、どのように接するべきか?を考えるよりも、
「どう接したいのか?」を決める姿勢を持つことである。



壊れた関係は、自分一人では解決することは、できるはずもがない。
相手がいて自分がいて、お互いに力を合わせて解決するしかない。


(2)小さなことをたいせつにする
(3)約束を守る
(4)期待を明確にする
(5)誠実さを示す
(6)引き出しをしてしまったときは、誠意をもって謝る


以上、7つの習慣「信頼残高をつくる六つの大切な預け入れ」より 
>>-7つの習慣のテーマ一覧・まとめ-に戻る



この記事は、7つの習慣―成功には原則があった!を読んだ、個人的な感想です。
ブログ内で本書の内容を引用しているのは、個人の見解を補足する意図です。
本書の意図・著者の考え方を知るためには、本書をお読み下さい。

スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー Stephen R. Covey/キングベアー出版 1996-12
[ 2010/01/02 07:57 ] 7つの習慣 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。