武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の三枚おろし【なぜE=mc^2なのか?/ブライアン コックス・ ジェフ フォーショー】

2011年12月01日~12月02日 (木曜からスタート)
2011年12月05日~12月09日 AM東海ラジオ放送まとめ

プルトニウムはそこらじゅうにある。

日本でプルトニウムが発見されるが、発表までに2ヶ月かかった。
隠していた訳じゃない。そのプルトニウムがアメリカ流れなのか、
中国流れなのか、ロシア流れなのか・・・調べるのに時間がかかる。

私たちは否応なくプルトニウムの中に存在してしまった。
その原点であるアインシュタインE=mc^2に遡る。

なぜE=mc^2なのか?なぜE=mc^2なのか?
ブライアン コックス ジェフ フォーショー 柴田 裕之
紀伊國屋書店


むずかしい問題に理解を深めるためには、少しずつ前進するしかないんだ。パニくるな!

アインシュタインを語るなら、ガリレオに遡るしかない。
天動説から地動説のガリレオ。次にニュートン万有引力。
そしてマクスウェル、絶対的な存在はあるのか・・・?

宇宙にある1メートルの箱は、地上でも1メートルなのか?
秒速約3億メートルで走る電磁波は、絶対に追いつけない。
絶対に追いつけないスピードが宇宙にはある。

光の速度は電磁波と同じ。
質量ものの重さはエネルギーに変わることができる。
原子核を光速に近い速度でたたきつけるとエネルギーになる。


・・・
完全について来れない水谷さん。
何だよ?と鉄矢さん。(次週につづく)




2週目。

光速で動くと寿命が延びる。空間と時間が変化する。
空間が縮んで、時間が延びるのである。
時間は伸び縮みするのである。

私が思っている一メートルは、宇宙空間では通用しなかったりする。
全長4メートルの車が、光速に近いと3.9メートルの車庫に入る。
(しかし車庫入れした瞬間に車庫の壁は壊れる。)

無理矢理に車庫に突っ込めば事故で壁が壊れるから同じじゃないですか?
と、水谷さんが言うが、いやいや車庫が膨張するんですよ!と鉄矢さん。


カーナビ、携帯電話を支配するE=mc^2。
電磁気、強い核力、弱い核力、重力、存在するのはこの4つ。
(アインシュタインは引力とは呼ばず重力と呼んでいる。)

4つの力と12の基本粒子で宇宙は全部説明できる!

物質の崩壊で生まれる莫大なエネルギー。
たった3キログラムあれば100年の年エネルギーがまかなえる。
マッチ一本の発火を、核分裂でやったら10億倍の力になる。

さらに強いのが核融合。しかし灼熱の中でないと融合はできない。
水素を核融合させるために核分裂で灼熱の環境をつくるのが、水爆。
そして分子の単位では、わたしたちは太陽よりも燃えている。


地球は太陽のまわりをまわっていない。地球は太陽のまわりをまっすぐ落ちていく。

時空が歪んでいる。だから空間がまるく歪んでいる。
地球は、旅人のようにまっすぐ進んでいるのに、
空間が丸く歪んでいるが故に太陽を中心に回る。

アポロ15号。
真空の月で、鉄球と羽根を同時に落としたら同時に月面に着いた。

ニュートンが引力と表現したものを、
アインシュタインは質量による時空の歪みと表現した。

しかし、

2011年9月24日、E=mc^2ついに破れる!


光より速いものの存在が実験で証明された。
・・・若い世代の作る新しい未来への希望でしめくくる。



なぜE=mc^2なのか?" (紀伊國屋書店)/ブライアン コックス・ ジェフ フォーショー


武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ「かにタク言ったもん勝ち」9:15頃~放送/平日
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。