武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

病のターミナルにて

2012年01月16日~01月20日
2012年01月23日~01月27日
2012年01月30日~02月04日
2012年02月06日~02月10日 AM東海ラジオ放送まとめ

「大動脈弁狭窄症」 2011年10月21日手術。
7週間の入院記録レポート。
とにかくデカい!大学病院。

まさにターミナル。
吹き抜けでエレベーターがあって・・・。
タカシマヤ本館、と間違えるような。

心臓の悪い人にわふれてひしめく。みんな同じ顔。
不思議なことに落ちつく、心地よさがある。
順番待ちのあいだに飽きない、前後の人と話が合う。

「武田さんと同じなんです、心臓は。苦しくても訴えないんです。だから察してあげて下さい。」

主治医の先生の言葉に感動。
この人になら例え殺されても良いかも、と思える。
医師の説明は、逆に心配になるほど懇切丁寧だった。

心外B4…心臓の外科でB棟4階の病室。
6階建て全てが心臓病フロア。
そこには、一種、不幸の活気がある。

ベッドで運ばれる人が最優先の廊下。
看護士は病気の話ししかしない。
介護士は、スポーツ紙の話しで和ませる。
人間がひしめく大学病院の心臓病棟B。

カテーテル検査の恐怖話など痛々しい描写の数々。
メスが入るのは次週へ


死亡率2%

合併症、心筋梗塞、リハビリ中の骨折・・・
死ぬ可能性が何%であろうと、理由と共に告げる義務。

やった2%だと思うが、奥さんはちがう
「2%の人は死ぬんだ・・・」

全ての死の予測と可能性を告げたあと、
スタッフ全員の名前を挙げてから述べた言葉。
「全力で、力をあわせて命をお守りします」と誓う。

こんな厳しい宣言を全ての人にしているのか!
感動と驚嘆の鉄矢さんだった。


麻酔から醒めたらICU、手術は終了。
胸に強烈な違和感、痛みは全くない。

腹に力が入らない、動けない。
標本になった昆虫の気持ち。

ナース、看護士。
「目を覚ましましたか?」
水を飲ませて一言。
「おいしいでしょ、命の水ですから。」


こんど長期入院するときは死ぬときだなぁ・・・と振り返る入院生活。
同病相憐れむ、同じ病気の人といるって心強かった。

手術でくたびれた。ぐったりと。
元気の良い人を見るだけでくたびれる。
本当に不思議なんだけど、声が枯れている。

声帯には関係ないのに、声が枯れている。
左手の親指と小指が重ならない。
ペットボトルの蓋が開けられない。

術後の異変。食欲もまったくない。
食べ物のテレビ番組を見てると気持ち悪くなる。
ハッと気が付くとタバコをすっていない。酒も飲んでない。

果物の甘さだけは旨かった。

人工甘味料は一切だめだった。100%ジュースもダメ。
あんパンも食べられなかった。
福山雅治からのぶどうを食べたらアゴが外れそうなくらい感動した。


勝手に外出したら医師6人に囲まれて叱られた鉄矢さん。
翌日、熱を出して入院延期が宣告されてしまった。
つらいつらい2週間の抗生剤治療。

毎食ごとに針を打たれる。とにかく痛い、つらかった・・・。
看護婦コギー(通称)に八つ当たりしてしまった。
コギーは凛として優しく対応してくれた。

ふらりと夜にやってくる執刀医サキヤマさん。
大名行列を避けて、厚意で「他に何か困ったことはないですか?」

己の消失をもって事業の完成を夢見る者

わたしなんかが居なくなるほど良い世の中になればいいのに。
執刀医サキヤマさんは、みんなの心臓の健康を願っている。
親心もそう。私が居なくなって子が生きていけることを願う。

11月に入ったある夜のこと。
豆腐がでた、本当に旨くて叫ぶほどに旨かった。
ここで時間、また退院までお付き合いくださいと次週へ。



不思議な体験。
心臓の病を発見したクスノキ先生との再開。
パジャマ姿で入院してた、隣の病室で。

リハビリ、院内の散歩、外出も可能になった。
商売柄のヒューマンウォッチング。

朝7:00、外来患者が大勢やってくる。
弁当持参の人もいる。幸せそうな田舎の老夫婦。
ソファーで暖房効いてるだけで喜んでいる。

夜7:00、健康そうなスーツの男性たち。
医療機器のセールスマンが医師達の帰りを囲む。
巨大産業の正体。サキヤマさんは人気集中。

昼の話。離島の心臓医を目指す若い看護士との出会い。
「東京は心臓病が多くて勉強になります!」と大喜び。
自分さえ眠らなければ、短期間にあらゆる心臓病のパターンが学べる。

システムっていうのは建物ですね。システムっていうのは車いすですね。

車いすを進んで押す奴がどれだけいるか?
立派な奴って、いるもんだなぁ・・・と鉄矢さん。
日本は十分に明るいと思った。


お風呂は半身浴。背中を奥さんに流してもらいながら
「いつかこういう日が来ると思った。」

おしめをする日が来ることを、教会の宣誓で覚悟した奥さん。
結婚に幸せを想像せず。最悪の不幸をイメージして一緒になる。

死んだ母親の命日に手術室に入った鉄矢さん。
退院は坂本龍馬の命日かと期待したが、延期で入院6週目。

そして突然の退院できるという通告、11月26日。
今後注意すべきことを懇々と説明される。

「スイマセン、ちょっと写真いいですか?」とサキヤマ医師。
大笑い声の絶えない写真撮影大会、ナースステーションでも。

翌27日、退院。
あの人たちに出会わなければ、私は死んでいたかも知れない。
その日は結婚記念日であったという。



武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ
「かにタク言ったもん勝ち」
9:15頃~放送/平日
[ 2012/01/18 20:23 ] 番外編 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。