武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の三枚おろし【大往生したけりゃ医療とかかわるな/中村仁一】

2012年06月11日~06月15日
2012年06月18日~06月22日 AM東海ラジオ放送まとめ

ブラックユーモアのつもりで読み始めたら、著者は本気である。

読売新聞の書評にも出た。
老人ホームの常任医師である著者。

大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)
中村 仁一
幻冬舎


大学病院を頂点としたピラミッド式の医療業界。
自然死が一番良い。そして、一番良い医者は自然死に無知である。

繁殖を終えた年寄りに癌死を勧める著者。
癌には、手遅れの幸せがある。検診やドッグは幸せをこぼす。
一冊通して読んでみて、鉄矢さんは考え方として「あり」だと思った。

ワクチンは不完全。

100%を約束しない。
例えばインフルエンザワクチンのある事件。

204人の人が亡くなった。
133人がワクチン摂取した。
(内、121人が60歳以上であった。)

老人が予防ワクチンを摂取したために死亡したのでは?
2280万人強の人が摂取し、204人が亡くなったのであれば、
多くの人が救われたとも言える。数字と報道の妙。


要は、自然治癒力に頼るしかない。
医療が手柄を独り占めしすぎているのではないか?

餓死では、脳内モルヒネが分泌され麻酔状態を作る。
無事に死にきる(全く痛みが伴わない。)

昔は棺が軽かったと葬儀業者は言う。最近は重い。
点滴・薬に漬けて溺死状態に近くなってしまう。

「そんな性格じゃ、おめえなかなか死ねないぞ!」

老人ホームで、老人同士のケンカの一幕。
おまえなんか死んでしまえ!というのが憎悪の言葉ではなかった。
ぞっとする、青ざめるような「死ねないぞ」の憎悪。

食べないから死なないのではない。
死ぬときがきたから、食べないのである。


点滴やめて水を絶つ。すると7~10日で自然死に達する。
病気になると食べたくなくなるのは

自力で食べる力がなくなったら医者の仕事は終了。
そこからは牧師さんの仕事になる。(フランスの話)

年寄りは、どこかが悪いのが正常。
全部健康な年寄りは・・・嫌われる。

・死ぬのは立派な仕事である。
・救急車は、呼ばない乗らない入院しない。
・癌予防は現代医療では不可能。加齢が危険因子となる。
・早期発見、不幸の始まり。

死ぬべきときに死ぬ。

著者の名言である。
医療が手柄を独占しすぎているのではないか?

朝から死とか葬儀とか癌だとか・・・
ご容赦いただきたいと鉄矢さん。

天皇陛下のお墓や葬儀の発言にも触れて。
ヒューマンサイズで結構ですよと言った件に涙。

『死の風が、吹いてきている。』

鉄矢さんの話。
コンサート後に「○○さん覚えてます?」と言われて唸った。
初キスをした人だった。

「・・・先月亡くなられました。」もうそんな歳になった。
思えば遠くへ来たもんだの歌詞に込めた人だった。


話は本書に戻って「天寿癌」。
癌で死ぬんじゃない。多くの人は、癌の治療で死んでいく。

余命3ヶ月を宣告されたある患者は、老衰死を選んだ。
腹水で腫れあがったお腹がすっかり元に戻って亡くなった。

癌は、敵にまわすと暴れる。
医者が癌治療に関与しないと、検死されるという不可思議。
ただ死ねばいいという訳ではない。簡単ではない。

事件死にされないためにはどうするか?
昏睡状態の状態になる前に、点滴一本でも打てばいい。
そうすれば治療行為にあたり、癌で死んだと認められる。


死に方名人をご紹介。

入川保則さん。
直腸癌手術をしたが、その後は拒否。
葬儀・骨壺や写真、かける音楽までを自分で演出した。

ある大企業・自動車メーカーの社長は青山の大葬儀場でやるなと言った。
「葬儀で交通渋滞を起こしてはいけない。」
「死者に煩わされることなかれ。」

緒形拳さん。
役を演じ遂げてから亡くなった。
ロケ現場近くに一軒家を借り、犬を一匹飼って語っていたという。

死に方のシミュレーションをしよう。

死を念頭におけば、生きかたが変わってくる。
遺影の準備、遺言を書くなどは当たり前。

事前指示書。
心肺蘇生をするか?70歳越えるとアバラは折れる。
酸素吸入、切開しての栄養補給や透析・抗生物質…意外と苦しいぞ。

生活習慣病は治らない。
生活習慣病の専門医たちは「治せない医者」である。
40歳も90歳も同じように扱う、臓器中心主義者。

数値と画像のみで診断するのはいかがなものか?
メディカルチェックを受けて亡くなったサッカー選手もいた。

手遅れが不幸とも言えない。
早期発見が幸せなんて決められない。

定型で語ることの危険さ。
「孤独死」それは不幸なのか?静かでいいのかも知れない。

勝手にマスコミが悲惨な餓死だとか言ってるだけかも知れない。
「孤食」が幸せに感じることだってある。ジャッジはできない。

笑われずに生き、見苦しくなく死ぬ。
ということ。




大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)/中村仁一


武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ
「かにタク言ったもん勝ち」
9:15頃~放送/平日
[ 2012/06/13 16:36 ] 【な】中村仁一 | TB(0) | CM(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/07/30 22:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。