武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の三枚おろし【小商いのすすめ/平川克美】

2012年07月02日~07月06日
2012年07月09日~07月13日 AM東海ラジオ放送まとめ

団塊の世代の経済復興論。
著者は商売をしながら大学で教鞭を執る。

小商いのすすめ 「経済成長」から「縮小均衡」の時代へ小商いのすすめ 「経済成長」から「縮小均衡」の時代へ
平川 克美
ミシマ社


つかみ。
2011年3月11日より前と後で、日本は変わる。

答えはないし、無数にあってもいい。
問いの数はたったひとつに絞られた。
これまでどおりでいいのか、変えなければならないのか?

成長とは、個人がバラけていくシステムである。

経済的な成長と社会的な成長は同じではなかった。
バブル時代、日本は子供、バカだった。

ジュリアナの便所はひどかった。
何の文化もない、鉄板一枚を敷いてあるだけ。
VIPで気取れるなんて、俺ってバカだったよな~!と鉄矢さん。


脱線。

東京タワーは、クレーン車を使わなかった。
とび職の人が鉄骨を一本一本、滑車でつり上げる。
現場で練炭使って焼き、空中で投げてキャッチする。

「てっぺんやりたい。」
「残る仕事してえ。」

夢は頂上を組むこと。
落下して亡くなった人を足下の神社で弔う。
午後からまた鉄骨を組むために、駆け上がる。

東京オリンピック・・・
あれほどの経済成長はなかった。


学校は休み、正座して柔道のオリンピック観戦していた頃。
経済的な成長と社会的な成長を同時にしていたのではなかったか?

散髪業界だけでなく、デパートにも定休日があった。

電力不足をお互いに補い会うため、
各業種の「定休日」で調節した。誰にも指示されることなく。

停電が日常的であり、受け入れていた。
合意なき実行で、節電意識を共有していた。

日本人は「あのころ」大人であった。

昔の人の顔つきは大人っぽい。顔つきがちがう。
「ジャパンアズナンバーワン」と言われて経済成長が完了する。
それが「エコノミックアニマル」と呼ばれはじめ、罵倒される。

遊ばなければ・・・そんな日本社会。
遊びのために必要になった、電力。

潤沢な電力を大都市に送るという方程式ができた80年代。
働くことの意味が「遊ぶため」になってしまった。

「あと二つ原爆を落としておけば、日本はこんなことにならなかった。」
ニュースステーションで報道された言葉は衝撃的だった。


短期間に爆発的に売れて、消えるもの。
そんな「ヒット商品」の連続が良いとされた。

グローバリズムとは、利潤を産めばいいという発想。
グローバリズムの反対、ローカルもあっていいのでは?
国、地域、男女、昭和という単位で「小商い」してもいいのでは?

小商いは、明日も店が続けばよい。

ユニクロはありがたい。
貧しい昭和が光っていたのは、貧乏でもいいと皆が思っていたから。
「アジア的な野生」が満ちていても良いんじゃないだろうか。

保健所なんかに頼らない。
腐りかけの食べものを、母の嗅覚でかぎ分ける。



2週目。
日本経済は二度と成長しない。
だからといって、絶望ではない。
世の中には「成熟」がある。

かつて日本は、富を使って己の弱さを隠そうとした。
原発もそう。地域振興の名の下に負の問題を明らかにした。
弱さをお金の力で隠そうとした。

アダム=スミスによると、
「人間とは、自分の意志と異なるものを作ってしまう。」

合理的なビジネス手法ばかり学ぶと、非合理な現場に無知になる。

風が吹けば桶屋が儲かる。
人間万事、塞翁が馬。

「リニア的バカ」になってはいけない。
少子化を政治のせいしているテレビ番組。
私たちが望むのは安心して子供の産める環境だ・・・などと言う。

何を言うか、戦後の食糧難の時代に団塊世代が産まれたではないか。
安心して子供が産めた時代なんてない。少子化の原因はわからない。
ああすればこうなる、なんて軽々に発言できない。


原発問題について。
生涯の果てに問題の解決を見ることはできない。

「幸いに」日本は人口減少している。
世界トップクラスの人口減少だと言える。

これ以上電力は必要ない。
降りていく生き方を考えよう。

電力こそ文明だと思っていた自分たちを変えられるのでは?
レヴィストロースや宮本常一が書店で売れているのは、
日本人が野生を取り戻そうとしているのではないか?

自己責任
自己決定
自己実現・・・あげくの果ての自己破産。
自己ってそんなにすごいものだったのか?

自己責任と言うならば、原発に責任のある自己とは誰か?
原発で儲けてきた我々全員に責任があるのではないか?

責任の果てにあるのは、小商い。

ここにつながる・・・!?

ソニー創業者の言葉を思い出してみる。
「不当なる儲け主義を廃し・・・いたずらに規模の大を追わず
経営規模としては、むしろ小なるを望み・・・」とある。

しかし「小なるを望み」と言っていたのに、
1990年代の終わり、その言葉が変わった。

株式会社の重点を時価総額だ、と言いはじめた。
日本全体がそうなった。株式会社という病。

なぜ日本は経済成長したのか、それは貧乏だったから。
貧乏じゃないと豊かになれない。
豊かさは永遠に続かない。


この本を読んで小商いがやりたくなった鉄矢さん。
たい焼き屋、うどん屋なんかがやりたくなった。

小商いなんだけど、大きく「小なるを望む」。
そんな考え方で・・・。


小商いのすすめ(ミシマ社)/平川克美




武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ
「かにタク言ったもん勝ち」
9:15頃~放送/平日
[ 2012/07/04 07:49 ] 【ひ】平川克美 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。