武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の三枚おろし【世間の人は】

2012年08月20日~08月24日
2012年08月27日~08月31日 AM東海ラジオ放送まとめ

先週のバカに見える日本語からの続編的に・・・。
内田樹先生の語った「世間」を題材に三枚おろし。
ネットに拡がる言葉の劣化。

見張り役の「世間」がいない。

かつてはマスメディアが見張り役だった。
新聞・テレビの巨大なマジョリティが、今は芸人に替わっている。
個人の顔つきで情報の順位が決まってしまう。

個人に情報を査定させてはいけない。
個人が消えたら情報が消える。

オウム事件、拉致問題、反原発・・・個人の顔が思い浮かぶ。
なんのための言論の自由か?
好き勝手言うためではない。

情報が新鮮であるためには、事件を起こす人を番組に呼んだほうがいい。

顔ぶれを揃える危険。
その顔ぶれの人たちが集まると、ちがう意見がでない。

まったく喧嘩しないという知恵もあるんだ。
事件を起こさないヒーローが必要だ。

どこまでが内田論で、どこからが武田論か分からない、と水谷さん。
では中国論をお話してます、と鉄矢さん。

ここからが内田的中国論。
北京政府、中国政府とは敢えて言わず北京政府。
パクり大国、グーグルのない社会は没落が加速する。


ここから武田論。で脱線。
中国版101回目のプロポーズ「101次求婚」に特別出演した。
フジテレビが著作権をしっかり持っている。
チャゲアスの許可を得て主題歌をカバー。

主演男優は中国。
金八先生は北京で放映禁止(政治的だから)。
その代わりドラえもんが大好き。主題歌歌手の鉄矢さんに感激。

主演女優は台湾。
台湾は金八観てもオッケー。金八的教育指導熱烈。
刑事物語から金八、101まで青春アイドルの鉄矢さん。

中国スタッフと台湾スタッフが入り交じる現場。
日本語で話しかける鉄矢さん。

演出、台詞、芝居、オリジナルに敬意を払ってくれる。
短いシーンのアドリブでは主演二人の熱心な取り組み。
撮影日誌のような思い出話で盛り上がり、次週へつづく。



2週目。
現場は日本語が使えるかどうかがステータスになっている。
日本語で話せる姿を、台湾スタッフが中国スタッフに見せつけたり。

撮影が終わり、オフの日に街を歩いた鉄矢さん。
上海における反日感情について街の人に聞く。
ここからは鉄矢さん論。

反日感情、その言葉自体が分からない。

日本に対する感情は「まずなかなか壊れないね。」
これはメイドインジャパン製品に対する思い。
日本人に対する感情ではない。

反日デモの実態。
人だかりができているので、ある日本人が中国人に聞いた。
「お祭りですからあなたも参加しませんか?」と付いていく日本人。

公園に到着して初めて反日デモだと分かった。
先頭に反日デモ、真ん中に反米、その後ろに反政府。
15億人中の2000人は、反日と言えるのだろうか?

中国人という言葉を使うのは北京政府だけ。
広州生まれ、上海生まれ、州の出身が重要。


話は変わって魯迅公園。
日本人限定のおみやげ屋がある。
印鑑、お数珠、仏像、招き猫・・・買う物がなくて店を出た。

店を出ると中国人から「武田さんですか?」と聞かれる。
日本語で話しかけてきたことに驚いた。

日本語が話せることを見せたい若者。
日本の俳優に向かって、日本語で話したがる。

そして気づいたこと。
魯迅公園に日本語の案内看板はあるけど、ハングルはない。
不親切ではないかと思った鉄矢さん。


ホテルオークラ。
ゴミ一つ落ちてない綺麗な4つ星ホテル。
日本人が経営するホテルは綺麗で光ってる。

通訳の青年と話した賄賂の話。
住民登録をしてない人の子供を学校にやるには賄賂が必要。
給料が少ないので賄賂がないとやっていけない事実もある。

空港のおみやげ屋。
店先に並ぶのはまたしても印鑑、お数珠、仏像、招き猫・・・。
著作権のない国は、誰もアイデアを出さなくなる。

放送中「内田先生の名著」として紹介された本

街場の中国論



武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ
「かにタク言ったもん勝ち」
9:15頃~放送/平日
[ 2012/08/31 09:26 ] 番外編 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。