武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の三枚おろし【これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学/マイケル・サンデル】

2010/11/22~11/26
2010/11/29~12/03(AM東海ラジオ)放送。

ハーバード大学での講義を履修する人の数が、
歴代ナンバー・ワンだという著者、マイケル・サンデル。

政治哲学「正しいことをすることの困難さ」がテーマになっている。
尖閣・北方領土などの問題がメディアで騒がれている今、考えてみる。

正しさが人を差別したり、正しさが人を殺したりしている、という21世紀。
※武田鉄矢さん曰く

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
マイケル・サンデル Michael J. Sandel 鬼澤 忍

早川書房 2010-05-22
売り上げランキング : 31

アメリカを大規模なハリケーンが襲ったとき、
便乗値上げがあったりする。これは、正義である。

ウォール街の7000億円再建融資を受けた会社の役員が、
高額報酬をもらった。これも正義であるのか?

自由・権利という名のもとにはじまった正義。
正義なのに、なんか公正じゃない。


21世紀は、正義が苦しんでいる。
※武田鉄矢さん曰く

18世紀イギリスの哲学者「ベンサム」の残した
「最大多数の最大幸福」という言葉。

つまり「より多くの人間の幸せの追求が正義である。」
と言って、、正義の意味をを定義した、有名な人。

功利主義という、囚人や貧民をつかって、
多くの人間の生活を支えるという考え方。

13億人の人工を抱える中国は、
功利主義で発展をしているとも捉えられる。

「とりあえず6億人が経済的に幸せになろう、残りは後でついてこい」
みたいな、そんなノリなんじゃないか?

だとすれば、
あまりにも多様性のない考えかたではないのだろうか?

多様性が薄れていく社会とは、どんどんグロテスクになっていく。
…グロテスクとは、どういうことか?

正義に燃えてはりきっている人は、
他の人にとってみれば、ものすごく迷惑なときがある。

たとえば愛国無罪。
愛国無罪の名のもとに、中国人が日の丸を焼く。これは正義か?
クジラを殺すな!と言って捕鯨船に薬品を投げつける。これは正義か?


…正義といえば

池上彰は良い人だ。
批評しないんだよ、この人は解説なんですよ。

※武田鉄矢さん曰く

池上彰さんは首相の悪口を言わない。
「こいつが悪だ!」などと正義をふりかざしたりはしない、それが良い。


…公平さを考える

太平洋戦争の後しまつを、孫の代の子供たちが引き受けることは公平なのか?
逃げ出したければ、逃げてもよい。

ただし、過去から受ける恩恵も捨てなければならない。
などなど、根本から根本から考えつくす哲学の姿勢に興味は尽きないのです。

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学-(早川書房)/マイケル・サンデル


武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ「かにタク言ったもん勝ち」9:15頃~放送/平日
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。