武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の三枚おろし【脳には妙なクセがある/池谷 裕二】

2013年02月11日~02月15日
2013年02月18日~02月22日 AM東海ラジオ放送まとめ

・好きな数字
・好きな色名
・好きな西暦

…を、メモ紙でも何でもいいので書いてと始まる。
答えは後ほど。

脳には妙なクセがある脳には妙なクセがある
池谷 裕二
扶桑社


男性ホルモン、テストステロン。
血中濃度が高い人は、株取引で成果を上げる。
また、オキシトシンのおかげで乳がでる。

男女ともに分泌されるホルモンが、
高齢者の脳を信じ込みやすくさせてしまう。
オレオレ詐欺は、脳内ホルモンの病ではないか。

言い訳をしたがる脳。

事件が起きると「ほら、やっぱり」と思う。
ワインは値が張るほどうまいと感じる。
脳はアルコールにも酔うが、ブランドにも酔う。

単なる笑顔も想像できないほどのエネルギーがある。
つまり「笑う門には福来る」
鉛筆加えて横に口を広げるだけでいい。

脳が誤解をして活性したホルモンを分泌させる。
あ、笑っている。良いことがあったんだと脳が働く。
楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなる。

表情には意味がある。
恐怖は上がる、嫌悪は下がる。

恐怖したとき、目を開けて視界を広げる。
鼻を拡げて匂いを察知する。

嫌悪は、視界を狭めて息を吐く。
次の行動への警戒準備をする。

鉄矢さんの疑問。
エクスタシーの表情は、恐怖と嫌悪のようだ。

内田先生の言葉に答えを見つける。
「欲望は、謎を感じないと駄目だ。」
この人は何故こんな表情をするのか?

恋心はミステリアスからスタートする。
なぜあなたは私を見つめるの?といったような。

笑いながらエクスタシーをしてると、何の疑問もない。
やめてと言われてやめたら怒られてしまったり。

日本語もそう。
日曜日はちょっと。
この言葉だけではなんのことだか分からない。

「次の日曜どうですか?」
「日曜日はちょっと…。」

これで断られていると分かるから不思議だ。

本人に自覚はないのに、脳は反応している。

あるアメリカの大学での実験。
20代男性にビデオを見せる。
10人はアダルトビデオ、10人は教養番組。

ほとんどの女性は、アダルトビデオを見た男性を見て
「変な感じ」と言うらしい。


ミツバチの集団に正しい考えを持った個体は何匹あるか?
優秀な固体がはっきり区別できる群れは滅びやすい。
あいまいなほうが集団を正しい方向に導くことができる。

ミツバチの場合、リーダーは先頭に立たず、群れの中にいる。
先頭に立つのは、群れが滅びる最大のリスク。
ヒトに思い当たることがいくつもある。


原始・ネアンデルアール人の遺伝子が、現代人に1%ある。
かつての旧人類は、サルに近い原始人と交わった。
遺伝子を追いかければ意外なことが分かる。

言葉の遺伝子もある。
言語障害の家系を調べたら発見された遺伝子。

その遺伝子をネズミに埋め込むと喋ろうとする。
ミッキーマウスのように仲間に話しかける。

同じ仕掛けでサルもヒトっぽくなる。
まさにアルジャーノンに花束をのようになる。

言葉はサルをヒトに変えた。
ヒトは“独り言”を使い始めて知能が発達した。

会話によるコミュニケーションの主導は、基本的に情報の受け手にある

買う、買わないの意思決定や、愛を告げる、告げられる…
話す人が主導ではない、ラジオもリスナーが主導する。

このラジオはボンクラしか聞いてないぞと思えば質が下がる。
誰が聞いているか分からないという意識が質を変える。
ウチダ先生によると、二人が話すのは第三者を呼ぶためだという。

聞き流せる言葉でも、人によっては鮮明にイメージされる。
話し手として上達するために、なるべく良い言葉を使うわなければ。



ここで冒頭のクイズの答えを。

・好きな数字 →2か7か10
・好きな色名 →赤か青
・好きな西暦 →大体今年

脳にはそういうクセがある…らしいが、水谷さんは違ってた。
次もまた違ってる答えを言ってしまう水谷さん。

そして次。
1から10までを足すと55.
1から10までを掛けると…?

答えは、3628800。
勘で答えようとすると、大体1000の位になる。
足し算が少なかったので掛け算も低かろうという錯覚。

1万人に1人の奇病があったとする。
信頼度99%の検査で陽性だったとしても落ち込まなくていい。
その確率がどれほどか冷静に考えれば高くない。

人は自分のことを自分では知り得ない。

人の移動は93%の確率で当てられる。
それほど日常に支配されている。

自由気ままに生きてるつもりでも、習慣で生きている。
意志で動いているわけでない。

脳に意思はない

自由に指で指ほとんどの人が右手で指を刺す。
次に右か左でどちらかで刺せと言うと、左で刺す。

脳はあとから割り込んでくる。
脳は、錯覚する臓器である。
人を動かすのは無意識である。

武道家にも「脳を信用するな」と言われたと鉄矢さん。
人生は良い経験をいくつ思い出せるかにかかっている。

無意識を鍛えるためには、それを習慣とすることです。

この言葉で締めくくりますと、次週は別のネタで。



脳には妙なクセがある(扶桑社)/池谷 裕二
[ 2013/02/24 23:11 ] 【い】池谷裕二 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。