武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

内田樹研究ノート

2013年04月08日~2013年04月12日 AM東海ラジオ放送まとめ

鉄矢さん大学ノートに「内田樹研究」と書いてある。
そのノートの内容を紹介していく回。

同じ一つのことを言うためには、二人の人間が必要だ。

レヴィナスと愛の現象学 (文春文庫)レヴィナスと愛の現象学 (文春文庫)
内田 樹
文藝春秋


レヴィナスの言葉を内田樹さんが解く。
万能ナイフを手に入れたようなうれしさがある。

今度エッセイ集を出す鉄矢さん。
奥さんにはうるさい!と言われるような理屈っぽさらしい。

知っているということが知的なんじゃない。
「私は何何について知らない」という繰り返しで知性が錬磨される。

幸せは、欲求を消滅させることではない。
→親子どんぶりを食べ終わったあとは食欲の消滅。
幸せは、欲求のみたされないことによって、満たされるのである。
→明日もこれを食べたいと思うことで幸せになる。


想像も共感も絶した自我がある。
見知らぬ他人が自分の中にいるということ。
そういうことがある。

ひとりで寂しいとき、つらいとき、
自分の内側から呼びかけてくる誰かがいる。

自殺する人は、永遠に今の自分が続くと思っている。
だから、死ねるのである。
自殺しようとした自分を、笑う自分が10年後にいるかも知れない。

わけのわからない映画が流行っている。
くまのぬいぐるみがナンパしたり、虎と漂流したり。
世界は不思議さを求めているのではないか。
[ 2013/04/20 11:49 ] 【う】内田樹 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。