武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の三枚おろし【日本人の遺伝子 /徳川 恒孝】

2013年07月15日~2013年07月19日
2013年07月22日~2013年07月26日 AM東海ラジオ放送まとめ

なぜか鉄矢さんが惹きつけられるという縄文時代。
一体、我々の縄文時代とは・・・

日本人の遺伝子日本人の遺伝子
徳川 恒孝
PHP研究所


縄文時代は1万年。

採取、狩猟ではあるが、豊かな
「ほかの文明に学ぶことがなかった」などと言われるが、
しかし、豊かだったからこそ1万年も続いたのではないか。

1週間働き、3週間休む。
人口の4割は働いてなかった。

日本人は国家にあまり興味がなかった。
国家なんてろくなもんじゃないと思った人たちが作った日本。
中国や朝鮮半島の歴史からの反動…の意見に賛成立場の鉄矢さん。

売ることを考えなければ、意外と豊かな食生活。

現代、市場を経由しない米が多い。
米(野菜)を贈るという習慣は、その分は経済指標はカウントされない。

価値交換が経済の減速であり、贈与はカウントされない。
つまり正確な数字ではないということ。
縄文を考えるときの「豊かさ」は、贈与を念頭に置く。

縄文は、土器の文明。
それは7大文明に負けない豊かさであった。

いまだに鍋物が好きな日本人、土器に弱い。
具材のうまみが鍋のなかに留まる土鍋、汁がうまい。


鳥をシンボルにした 中国の王朝「商」(別称・殷)
彼らは滅ぼされた後、日本に移ってきたのではないか。

呉などの不思議な地名が残るの理由。
その逆も仮説できる、広島から中国に渡って呉や越を作る…など。
歴史は循環である。



土器は信仰の対象だった。
絵に描いてゾッとしたことがある鉄矢さん。
割って壊すことに宗教的な意味があったのではないか。

「のどか」





日本人の遺伝子(徳川 恒孝)/日本人の遺伝子
[ 2013/07/26 09:32 ] 【と】徳川恒孝 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。