武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の三枚おろし【胎児の世界/三木成夫】

2013年08月26日~2013年08月30日 
2013年09月02日~2013年09月06日 AM東海ラジオ放送まとめ

十月十日、胎児でいたころの、すっかり忘れた生命記憶。
内蔵など体内にしっかり残っている。

胎児の世界―人類の生命記憶 (中公新書 (691))胎児の世界―人類の生命記憶 (中公新書)
三木 成夫


右ページが活字、左ページが絵。

本は、その配置が読みやすく、分かりやすい。
たいてい右が活字で左が絵にレイアウトされている。

携帯電話をあてるのは、右耳か左耳か。
気がつかないうちに、電話の内容で決めている。
右が仕事の電話で、左が家庭へ架けるとき。


もともとはヤツメウナギだった人間、
恐竜時代を経て日本列島に至る1億年。

すさまじい気候の変化の中、生物は形態を変える。
子宮を作るようになった動物もいれば、早産で育てる動物もいた。

胎児をどうやって母の袋まで誘導するか?
乳を舐めさせて袋まで誘導する。
そこで発達した唇、そして顔ができあがる。

男女の愛撫、舐める吸う行為は生命進化を辿るのではないか。
ここまで語ると本物のスケベですよと水谷さん。

内蔵記憶は、他の者が操っている。

トキメキは明らかに内蔵であり、寂しさも腹の底から来る。
自分ではどうしようもない「何か」がある。

自分を構成するほとんどが借り物であり、
お返ししなければならないのではないか。

古生代、発達した魚類は水陸を往復している。
エラで生きるか、肺で生きるかを迷う時代。

イルカやクジラは陸から引き返したグループ。
何を考えて海に戻ったんだろうか。

胎内で進化するヒトの胎児。
トカゲ→魚類→ナマケモノ→猿へと変化する胎児。

産婦人科の出産は白衣の医師に囲まれ、病と同じ扱い。
一方、自宅で行う助産婦さんによる出産は病気ではない。

いのちとは、思い出の固まりなのである。

たった一つの答えで解ける問題ではない。
日常のなかにある、生命とは何だろうか。
過去のできごとの、それぞれのくりかえしである。


胎児の世界―人類の生命記憶 (中公新書)/三木成夫
[ 2013/09/07 11:20 ] 【み】三木成夫 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。