武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お正月、日本人の不思議な習慣

2014年01月06日~2014年01月10日 AM東海ラジオ放送まとめ

日本人の習慣を三枚おろし。

お正月は冬場のお盆。
丸餅は、神様(先祖)が座る場所。
アシタバ、ウラジロ、おせちの意味。

「かみつく」=「神付く」

獅子舞に噛まれると良いのは、子供の丈夫を願う。
だが獅子踊りは鹿のこと、シーサーはライオン。

諸葛孔明が49人の生首の代わりに神に供えたのが、挽肉を小麦の皮でくるんだもの。
それを見た者たちが真似て、饅頭を供える習慣ができたという。
饅頭の「頭」はその名残りである。

「えんがちょ」の指のかたちは、イギリスで幸運を願う仕草と同じ。
夜に口笛を鳴らしてはいけない、嘯く(うそぶく)とも言う。

ウソを付くときと同じ口すぼみをするのがいけない。
ウソという鳥が実際にいて、神を寄せる力があると言われた。
また、口笛の音が魂が抜ける音と言われている。

ゆびきりげんまん、遊女とのあそび歌だった。
てるてるぼうずの話など、鉄矢さんの英語の先生をゲストに招いてのお話。


[ 2014/01/16 01:49 ] 番外編 | TB(0) | CM(1)
ありがとうございます
車で通勤中にラジオ聞いているんですが電波が悪くて肝心な所で雑音が。
こうして文字で紹介していただけるのはありがたいです。
これからも更新楽しみにしています。
[ 2014/01/19 19:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。