武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の三枚おろし【脳は楽観的に考える/ターリ シャーロット】

2014年01月13日~2014年01月17日
2014年01月20日~2014年01月24日 AM東海ラジオ放送まとめ

脳は、思い出を貯めるためにあるのではない。

未来を想像することらしい。
その想像は、楽観的バイアスがかかっている。
どうもいいことあるぞ、というふうに作られた人間。

脳は楽観的に考える脳は楽観的に考える
ターリ シャーロット Tali Sharot
柏書房


明るい未来を想像して、サルからヒトになった。
楽観とは、最大の錯覚かもしれない。

うぬぼれ脳は、悲劇も起こす。
雲の中でパイロットが上昇を急降下と錯覚し墜落したり、その逆も。
脳は勘違いしやすい傾向を持っている。

逆さに見せた写真「少女は笑っていますか呪っていますか」とテスト。
笑っているように見えるが、天地を戻すと不気味に歯をむき出している。
パイロットの錯覚とは違うが、脳は楽観的にも錯覚をする。

カラスは、食べ物の賞味期限と、今日と明日が分かるらしい。
チンパンジーには、今と前後くらいまで判別できる。
時間への認識が深い人間は「自分の死」が理解できる。
(ほかの動物は自分の死が理解できない。)

過去を未来のために活かせるのが人間の脳。
それは、楽観バイアスをもつからである。


虚構が、嘘を現実にする。
「ホラは吹き当てる」と鉄矢さんのお母さんが言っていたという。

フィギュアスケート「一番良いメダルを獲る」と予言した選手9割が獲る。
成就的予言を宣言した選手の方が、宣言しない選手よりメダルを獲っている。
「必ず獲れる」と監督からも楽観的にイメージできることが重要。

楽観的でなければ、脳は力を発揮できない。
楽観であることで、身体も心も調子が良くなり、結果も良くなる。
脳幹からオキシトシンが全身へ分泌され、結びつく。

笑顔、希望、それはどこからやってくるのか。
幸せだから笑うのか、笑うから幸せなのか…

鬱は、感情が固まるのである。

鬱とは、感情全般が固まるのである。
「まず笑う」ことができなくなり、「笑う門に福」来たらない。

鉄矢さんは売れないとき「売れっ子ごっこ」をやっていた。
収録終わったらわざと駆け足で帰ったり、
一人でインタビューの準備したりしてた。

未来予測は、科学的には暗い。
しかし、楽観することで変えられる。
努力しないと、楽観はキープできない。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。