武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

変化の扉を開く -人生の扉を開く「7つの習慣」

他人の欠点があなたの生活を支配しなくなる。

逆説的ではあるが、他人があなたのことをどう考えているか
ということを気にしなくなるにつれて、彼らの気持ちや自分との
関係をもっと大切にするようになる。

※本書より引用

『自分に精一杯で、他人は構ってられない。』と言う人、嘘だと思う。
他人との関係を大切にしたくないことの言い訳をしてるに過ぎない。
自己中心的な自分の考え方を、精一杯という言葉で正当化する人がいる。

自己中心的で、今までの自分の生き方を肯定する人に限って、
他人からの評価をすごく気にしがちである。僕もその一人だった。
他人のことは気にせずに、本当の意味で自分の価値観を大切にする。

そうすると、他人の考え方を、自分のことのように心配しなくなる。
次第に、他人の考え方に興味を持って、自分の糧にすることを覚え始める。
著者は、自己改善の持つ素晴らしい可能性を説いている。

7つの習慣―成功には原則があった!7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー Stephen R. Covey キングベアー出版

この本を手にした人は、『今の自分を変えたい』と願う気持ちがあると思う。
僕は、生きてるあいだに、少しでも自分の魂を磨きたいと思っている。
そう願うからこそ、こうして記事を書き続けている。

こんな記事を30分以上もかけて書いたりして…時間の無駄じゃないか?
他にやるべきことがたくさんあるのに…もうやめようか…
何度も何度も、心が折れそうになってきた。

他にやるべきことはある。けれど、僕の優先順位は自己改善だ。
それを忘れないための、真理が本書に書いてあった。

自己改善に優る投資はない。
成長のプロセスは行き詰まりやすいものだ。
自己改善の領域に入ることは、まさに聖地とも言える神聖な場所に
足を踏み入れることである。しかし、これに優る投資はない。

※本書より引用。

当然のことだけど、自分が『変化したい』と思って行動すること。
そして、どんなに忙しくても忍耐強く自己改善を続けること。
成長と成功は、自分の手で掴む以外、ほかに方法はない。


以上、7つの習慣「変化の扉を開く」より 
>> 各テーマ一覧まとめ-7つの習慣-

7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー Stephen R. Covey/キングベアー出版 1996-12
[ 2009/10/16 14:13 ] 7つの習慣 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。