武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

作用するか、作用されるか -第一の習慣●主体性を発揮する

行動を起こす責任は、あなたにある。
周りが動くのを待っていれば、必ずや周りに左右されることになる。

※本書より引用

率先力という言葉は、どんな風にイメージして考えたらいいだろうか?
こう考えてみると分かりやすい。
「率先するひと」の反対は、「待っているひと」である。
つまり率先力とは「待ってないで自分で考えて行動する力」である。

7つの習慣―成功には原則があった!7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー Stephen R. Covey キングベアー出版

何でもいいから、ためしに、マイナスな状況をイメージしてほしい。
たとえば、


 ・景気が悪くなって、減給される。
 ・好きな彼女にフラれる。
 ・親族や友人が悪事をはたらく。

…などなど。人生には予測不可能な不運が起こる。
このマイナスな状況を直視して、予想される現実を考えてみる。


 ・減給される → 次はリストラかも。
 ・彼女にフラれる → つまらない人生
 ・親族が悪事をはたらく → 仕事や結婚に悪影響


なにひとつ、プラス思考になれそうな良い情報はない。
けれど、ここであきらめず、ちょっとふんばって、考えてみてほしい。
現実的で、実行可能な、自分にできる行動計画に絞って考えてみると…


 ・業績改善→利益向上→給料アップとなるアイデアを提案する。
  同時に、削減できるムダと削減案を提示し、実行する。

 ・彼女との関係ばかり気にすることをやめて、
  自分の人生の充実とはなにか、もう一度見つめなおす。

 ・何も自分が悪事をはたらいたわけではない。
  自分の生きる姿を堂々と示し、静かに今後を見極める。


これが、状況に作用するという行動なのである。
自分の不利を状況のせいにするのでなく、何ができるかを考える。

クヨクヨしたり、他者を恨んだり、環境を嘆いたりはしないこと。
要は、自分にできることに集中しなさい、という教え。

自分で責任をとるかとらないか、
どちらを選ぶかで、それに伴う結果は変わってくる。

※本書より引用



以上、7つの習慣「作用するか、作用されるか」より 
>> 各テーマ一覧まとめ-7つの習慣-


7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー Stephen R. Covey/キングベアー出版 1996-12
[ 2009/10/23 13:32 ] 7つの習慣 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。