武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

影響の輪と関心の輪 -第一の習慣●主体性を発揮する

状況について心配するより、
自分自身に働きかけることによって、
はじめて状況そのものに影響を及ぼすことができる。

※本書より引用

7つの習慣―成功には原則があった!7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー Stephen R. Covey
キングベアー出版


「関心」、「影響」、ふたつの重要なキーワードが出てくる。
言葉の意味そのままに考えれば、かんたんに理解できる。

「関心」…自分に関心があることか、ないことか。
「影響」…自分が影響できるか、できないか。

影響という言葉は、コントロールと置きかえてみるといい。
自分にコントロールできるのか、できないのか。

コントロールできるなら、それは影響の輪の中に入れる。
できないことは、関心の輪の中にいれる。

自分にどうにもできない問題はちょっと横に置いといて、
自分にできることをやりなさい、ざっくり言えばそういうこと。



例外的に、何にでも関心がありすぎる人っていう人がいる。
お金にものをいわせて、何でも自分の思うようにしたがる人や。
役職とか地位を利用して、末端まで首をつっこみ、口を出す人。

これは、人や社会に対して無責任な状態であり、
本来、自分が解決できる問題をも無視してしまう結果である。

※本書より引用。

会社の社長さんとか、権力者の人は、自分が影響できる範囲が広い。
だから、自分には何でもできると勘違いしてまいがちなのかも知れない。

成功者が皆を支配するというイメージは、捨てたほうがいい。
お金をもつこと、権力を手にすることが成功だと考えているなら、
それは完全に間違った考えで、他人に悪影響をおよぼす人間だと思う。

お金があろうがなかろうが、社会的地位が何であろうが、
ものごとを良い方向に導く人間こそが、成功者なんだと思う。
欲望や誘惑にまどわされていると、信念も揺らぎやすい。


以上、7つの習慣「影響の輪と関心の輪」より 
>> 各テーマ一覧まとめ-7つの習慣-


7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー Stephen R. Covey/キングベアー出版 1996-12
[ 2009/10/25 13:24 ] 7つの習慣 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。