武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リベラリズムと正義の限界 …今朝の三枚おろし紹介著者

サンデル教授の、正義論の起点
ここから、はじまる。


リベラリズムと正義の限界

正義って、そもそも何なのか?というお話のはじまり。
日本のメディアで、これは明らかに正義に反している!
と、報道されていることを、考えてみる。

たとえば、
ネットで音楽や映画などの海賊版を流すのは、
作者個人や企業の権利を侵害している、という問題。

たしかに、正義の原理に反していると思われる。
それでは、インターネットの法律を規制して、
ネット上で、かんたんに動画検索すらできないようにする。

…これは正義なのか?
尖閣諸島の映像流出もそう。
善いことだと思ってやったことが、
必ずしも正義ではない、という時代に突入している。

正義だからといって、誰かがいやな思いをしてもいいのか?
正義は、どんな場合でも万能な原理・原則として機能するのか?

この、マイケル・サンデル提言に対しては、
はっきりとした答を出すことはまだまだ難しい。
なぜなら、時代の価値観は、今まさに激変中だからである。

タイトルにもある「リベラリズム」とかの用語は、とっつきにくい。
自由主義・共同体主義・リベラル・コミュニタリアン論争とか、
ちょっと言葉が簡単ではないので、庶民には馴染みが浅い。

ざっくりとまとめて言ってしまえば、こういうこと。
『今まで生きてきて、正しいと信じ、思いこんで行動してきたことが、
これからの時代は、正しいけど問題ありかもね、と変わっている。』

より多くの人間が、サンデル教授の提示に耳を傾けている。


マイケル・サンデル「リベラリズムと正義の限界」より


武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ「かにタク言ったもん勝ち」9:15頃~放送/平日
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。