武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

成功のはしご -第二の習慣●目的を持って始める

人は全く意味のない勝利を手にすることがよくある。
※本書より引用。

今あなたがのぼっている、はしごを見てみよう。
はしごをのぼったその先にある勝利は、本当に望んでいることなのか?

7つの習慣―成功には原則があった!><a href=スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー Stephen R. Covey キングベアー出版" />

人間の死亡率は、100パーセントである。
明日死ぬかも知れないと本気で思えば、今日の行動は変わる。

第二の習慣のイントロダクションでテストした答え >>コチラは、
一体、どんな内容を表しているのか?それは自分の本当の価値観である。

たとえば、僕の仕事においての価値観。

「私に何かできることは、何でもしてやりたい。」
「残された家族や友人を助けてあげたい。」

…僕が死んだら、こう言ってほしい。
仕事で関わった人には、僕と同じように家族や友人を思ってほしい。
そのためにも、日ごろから、相手の家族や友人を大切にしたい。

「きれいごとばかり言ってられないよ」と、指摘されるかも知れない。
きれいごとと言われたって、信念や価値観を曲げる必要はない。
現実と理想のバランスをとるような努力をすれば大丈夫だ。


名声・業績・お金などは、あなたが本当に考えている成功と何ら関係がないかもしれない。
※本書より引用。

成功のはしご、と言っても、はしごそのものの問題ではない。
まず、自分がはしごの下にいる。どこに向かって、はしごをかけるのか?
焦らず、惑わず、のぼった先にあるものを見定めてから、のぼり始める。

目的を持って始める、と言えば簡単に聞こえるかもしれないけど、
ここでいう「目的」は、「目標達成値」のような短絡的なことではない。
そもそも自分は何がしたいのか?と、根本を問うのが目的である。



以上、7つの習慣「自己リーダーシップの原則」より 
>> 各テーマ一覧まとめ-7つの習慣-


この記事は、7つの習慣―成功には原則があった!を読んだ、個人的な感想です。
本書の内容を引用していますが、個人の見解を補足する意図なので、
著者の正確な意図を読みとるためには、本書をお読み下さい。

スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー Stephen R. Covey/キングベアー出版 1996-12
[ 2009/11/04 08:40 ] 7つの習慣 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。