武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リーダーシップとマネジメント:二つの創造 -第二の習慣●目的を持って始める

マネジメントは手段に集中しており、どうすれば目標を達成できるかという質問に答えようとするものである。
一方、リーダーシップは望む結果を定義しており、何を達成したいのかという質問に答えようとするものである。

※本書より引用。

マネジメントと言えばドラッカーを思い出す人が多いと思う。
一方で、リーダーシップと言う言葉もよく聞く。

リーダーシップとマネジメント。
とちらも、なんとなくイメージできる人は多いと思うけど、
具体的には何をどうすることなのか、説明できない人は多い。

7つの習慣―成功には原則があった!>スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー Stephen R. Covey キングベアー出版

マネジメント=努力
リーダーシップ=価値観


著者は、マネジメントする前にリーダーシップの発揮が必要だと言っている。
つまり『努力する前に価値観をはっきりさせよう』ということ。
逆に言えば、価値観のない努力はムダになることが多い。

価値観と努力が合致していると、強力な効果を発揮できる。

たとえば、
「安い商品を大量に提供したい」という価値観の飲食店には、
「調理が早くて効率のよい料理人を雇う」という努力が必要だ。

逆に、
「とにかくおいしい味を提供したい」という価値観であれば、
「腕の良い料理人を雇う」という努力が必要だ。

リーダーに求められるのは、“なにがしたいのか?”を明確にすることである。
“どうすれば成功できるのか?”を考えるのは、その後でいい。



以上、7つの習慣「リーダーシップとマネジメント:二つの創造」より 
>> 各テーマ一覧まとめ-7つの習慣-


この記事は、7つの習慣―成功には原則があった!を読んだ、個人的な感想です。
本書の内容を引用していますが、個人の見解を補足する意図なので、
著者の正確な意図を読みとるためには、本書をお読み下さい。

スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー Stephen R. Covey/キングベアー出版 1996-12
[ 2009/11/07 22:42 ] 7つの習慣 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。