武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メディアに価値はあるか? 今朝の三枚おろし【街場のメディア論/内田樹】


11月08日~11月12日
AM東海ラジオ)放送まとめ。

3週目に突入!

導入。
18世紀、「手を洗おう」というもっとも単純な発見が、飛躍的な医学の進歩となる。
シンプルな「あしもとのかんたんなこと」が、ものごとを発展させる大きな力になり得る。
そんなハッとする視点の転換を、メディアに持ち込み哲学的な見解から論じる「街場のメディア論」
街場のメディア論 (光文社新書)街場のメディア論 (光文社新書)
内田 樹

光文社 2010-08-17
売り上げランキング : 563

芸能というメディアも哲学的な要素を持っている。
芸能人って、自分を演じてはいけない。

私は「嘘の金八先生」を演じることによって「武田鉄矢の個性」を発揮する。
金八先生に武田鉄矢の個性を発揮させちゃいけない。

おまえがもっとも「おまえらしくない」とき、
その役を演じきったという評価が与えられる。

※武田鉄矢さん語録

日が変わって沈黙交易の話。
むずかしい構造主義の考え方を原始の交易に例えて話す。

人間は、価値のわからないものに出会うと戸惑う。
その戸惑いが、価値を生み出す。

※武田鉄矢さん語録

なぜ価値が生まれるのか?それは、価値が分からないからである。
…そりゃあそうだ!当たり前だけど今まで気が付かなかった。

謎だからである。謎に対し、感謝をこめて価値を与える。
価値の分からないものに出会い、戸惑い、ありがとうといい、返礼する。
恋愛もそう。

出会ったとき「これはいったいなんだろう?」と思う。
その瞬間、恋がはじまっている。

※武田鉄矢さん語録

メディアの言う「著作権」は、そもそもの価値の構造からは大きくかけはなれている。
私たちは、ものごとを広い目で大きく捉えるべきではないだろうか。
メディアは複雑なものを複雑なまま出すことができない。手垢だらけにしてしまう。
…という考えたこともないような切り口でメディアの危機を語る。
3週にわたってネタになるほどの武田鉄矢さんお気に入りの著者、内田樹さん。
街場のメディア論 (光文社新書)


武田鉄矢さんメインパーソナリティ人気ラジオ番組
BBQRインターネットラジオでも無料放送。東海ラジオ「かにタク言ったもん勝ち」9:15頃~放送/平日
[ 2010/11/20 22:46 ] 【う】内田樹 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。