武田鉄矢「今朝の三枚おろし」からオススメ本と、ためになる話。

東海ラジオ・カニたく言ったもん勝ちの9時過ぎコーナー「今朝の三枚おろし」から、武田鉄矢さんが紹介した本や放送内容、ためになる話を記録・紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

原則中心の生活 -第二の習慣●目的を持って始める

正しい原則は、自分の成長の尺度になっている。
※本書より引用。

原則、原則、原則…くりかえし本書に登場するこの言葉。
…ちょっと待てよ、原則って一体なんなのか分からない。
原則の意味、ちゃんと分かっておきたい言葉の意味から考え始める。

7つの習慣―成功には原則があった!>スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー Stephen R. Covey キングベアー出版

本書では、けっこう抽象的な言葉で説明している“原則”。
具体的な生活に置きかえてイメージしてみれば分かる。
原則は、誰もがすでに知っていることだと気が付く。

原則はシンプル。シンプルすぎて、生活の中では忘れてしまっている。
“なにが正しいの?”心に、そう問いかける、この世と人を結ぶ規則。
あわただしい日常レベルでは、原則なんて意識してない人が大多数。

慌ただしかった日常の中で、僕が忘れていた原則を紹介↓
この失敗談の中にある原則は「誠実さ・奉仕・貢献」
といった一言では表しにくい要素が絡んでいる。


会社で、バイトが自分を見下している状況にいた。
「○○さん、人に言うほど自分がデキると思ってるんですか?」
なんて言われて、反応的にムカついたことがある。

ムカついた気分のまま、そのバイトくんとは気まずい関係のまま終わった。
今だに、あの時自分はどうすべきだったか考える。

減らず口を言うバイトをにらみつけたり、大声で怒鳴ったり、
あとで呼び出して殴ったりすることは、正しいのか?
…それは争いを生むだけで、正しくはない。

しかし、受け入れがたい言葉と状況。どうするか?
どうもしなくていい。放っておけば良かった。

どうしても許せないのであれば、腹がたつ本当の理由を考えた方がいい。
腹が立つということは、言われたことが図星な場合が多いから。

今にして思えば、僕は、自分の力量不足を自覚していた。
同時に、パソコンスキルのあるバイトを疎ましく思っていた。
また、管理職として全体をまとめる仕事に疲れていた。

どんなことを言われても、努力している自分を恥じたりせずに、
弱点・力量不足・経験不足を素直に認めてしまえば良かった。

「そうだね、デキない社員でごめんね、頼りにしているよ。」
という言葉が出てこなかったのは、自分の狭さ。バイトとは関係ない。

負けは認める。言うべきことは言うが、模範を示す行動をとる。
そうすれば、自然と頼られる社員になれるんだと、あとで分かった。


原則中心の人は、自分の直面している状況や時折の感情から一歩身を引いて、それぞれの選択肢を考えることができる。
※本書より引用。

つまり、イヤなこと・つらいことがあっても、
冷静になれば、原則を見つけることができるということ。
この「原則のみつけかた」を、僕なりの表現に置きかえてみた。

 ↓

状況から一歩身を引いて。
そして、自己中な損得勘定を捨てて。


原則を冷静に見つめてから行動するコツ。
僕は、状況に飲み込まれやすい人間だから、いつも失敗してきた。

そのくせ負けず嫌いで、過去の失敗をなかなか認めない。
「あれはあれで良かった、仕方なかった…」と自分に言い聞かせる。

その悪いクセを修正するために、僕が常に意識することは、
状況にのめりこむことなく、一歩身を引いて冷静になること。

この時、注意しなければいけないことがある。
一歩身を引くと、とっさに自分の身の安全を考えるクセもある。
あらゆる状況から遠ざかったつもりでも、保身に走ったら意味がない。

短期的には、自分の得にならない判断も必要。
長期的に考えて、状況が好転して全体が良くなる道も選べる。
自分も含めた、冷静なバランス判断をする力が、僕にはあるはずだ!

これが、
“状況から一歩身を引いて。そして、自己中な損得勘定を捨てて。”
という思考に至るまでの、意識的なプロセス。

「そんなこと忙しいときに考えてられるか!」と思ってたこともあった。
「とにかく即決・即断・即行動が必要なんだ!」と考えていた。
でもそれは間違っていた。正しい判断ができないなら、しなくていい。

一歩引いて考えて、自己中も捨てる。
この時間にモタモタして逃す仕事なら、逃せばいい。
素早く判断する努力をし続ければいいだけなんだ、と気が付いた。

つまり、今までは失敗の連続なんだと気が付かされた。
でも失敗の連続があったから、正しい原則を学ぶことができた。
経験という財産は、失敗の積み重ねなんだと自信を持ちたい。

・物事の現在のあるがまま
・過去のあったがまま
・将来にあるがままの現実

※本書より引用

過去・現在・未来に対する上記3つの重要な視点。
この視点を習慣づけることが、原則中心の生活のはじまり。

それは、原則的なレンズを通して見ているか?
それは、状況や欲望に目がくらんだ判断ではないか?
それは、正当化してるだけなんじゃなないか?
それは、事実をねじまげて都合良く解釈してないか?

…などなど、
常に自問自答をくり返す姿勢を持っていたい。


以上、7つの習慣「原則中心の生活」より 
>>-7つの習慣のテーマ一覧・まとめ-に戻る


この記事は、7つの習慣―成功には原則があった!を読んだ、個人的な感想です。
本書の内容を引用していますが、個人の見解を補足する意図なので、
著者の正確な意図を読みとるためには、本書をお読み下さい。

スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー Stephen R. Covey/キングベアー出版 1996-12
[ 2009/11/13 08:38 ] 7つの習慣 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

著者別
最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。